組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

クロスオーバーって、何?

昨今の新車事情にはソレナリに疎いのですけど、クロスオーバーって新ジャンルがあるようなのです。
ジズラからして、「クロカン四駆を超えたナニモノかなのか!?」と激しく期待とコーフンしてしまうようなハヤトチーな方もいらっしゃるかもしれませんが、まあ早い話が乗用車をヨンク風にってヤツみたいですね。

それってSUVじゃねーの?と思うのですが、なんせ”風”なんでFFしか設定の無いけしからんナンチャッテ仕様車もあるようです。
そもそもSUVそのものの存在が疑問なワタシにとって、クロスオーバーとは既に理解できるはるか圏外にありまして、ベースとなった乗用車よりも高い車高や、性能と燃費を落とすしか能の無い太くてデカイタイヤが全く持って意味不明。
カッコはSUVなのにFFの設定しかない某社のイイワケも、「今の世の中四駆が必要な場面にはなかなか遭遇出来ませんから」だそうで、つまりはこーいう派生車種は最初から要らない、と自らが言ってしまっているようです。

よ~は「カッコだけでも欲しいけど中身は要らないの~」の、頭悪~いユーザー(爆)の為であって、クルマ文化の進展には何も寄与しないキメラ的存在なわけですね。
もしワタシに免許が取れる程の子供がいて、こんなモノを買ってきた日には「すぐお店に返してきなさい!」と必ず言うでしょう(笑)



120px-1975_Subaru_DL.jpg

260px-LEONE4WD28TOKYOMORTORSWOW29.jpg

レオーネと言うクルマですが、ご存知でしょうか?
スバルが作った傑作車なのですが、乗用車タイプの四駆を先駆けてラインナップしておりました。
特に初期のモデルの腹下や排気管後端のキックアップ、副変速機、前後オーバーハングのテーパー処理には感涙モノですが、モデルが進むにつれ段々とそれも消えて行き、レガシィになった頃には既にオフロードを走らない四駆となっておりました。
別にそれはそれでオンロードで速く安全に走る四駆という点で良い路線ですが、イチバージョンと残して欲しかったなあと思ったのも事実です。
まあ暫く立ってからレガシィワゴンには最低地上高200mmを誇る「ランカスター」(輸出名称アウトバック)という大きなタイヤを備えたバージョンが登場しましたが、もはやレオーネのようにクルマ側にはオフロードを走る工夫はありません。
しかし四駆は四駆。FFやFR車が入り込めないような泥濘や除雪前の地方道でも良く走ったと聞きます。






220px-VW_Golf_Country.jpg

海の向こうのVWでも、ゴルフカントリーというクルマがありました。コレのコンセプトは単純明快で「天候に左右されずに道路条件の悪い別荘地を走るゴルフ」とゆー、誠に解り易いモノでした。真面目なVW(当時)はそのコンセプト必達のために、あの有名なシュタイヤープフ製作として四駆のゴルフを作り上げたといいます。

どちらも技術でクルマを売るような、某N社が完全に忘れたスピリットを持っている(と思われる)会社ですね(爆)。
トコロが、なんです。
スバルは最近になってインプレッサのクロスオーバー「XV」を発表しました。
売れ筋はなんとFF。しかもなんだかカッコ悪い(笑)。
ハッチバックやセダンの一種完成されたようなデザインからすると、ナンジャコリャ?的な印象です。
ついでに当たり前ですが燃費や動力性能を含めベースのFF1.5より確実に性能ダウン、というスバラシサですわ(笑)。

まさに求めるモノが違いますが、実はVWでも「やっちまった」がありましたね(爆)。
クロスポロ、とゆーポロの派生車種に至っては、なんと全車FFです。いいやまてまて、キューベルだってRRだったけどMBなみに走れたと言うじゃないか、なんて大昔の話は思い込みの慰めにもなりません。
ただのデブったポロになり下がりました(爆)。
鳴り物入りで登場した最新エンジンTSIもボンネットの下で泣きながら回っていることでしょう。

ついでにゴルフカントリーの後継(にもならないけど)のクロスゴルフとゆーナサケナイのもあります。もちろん単なるデブFF。
コレをスタイリッシュと表現する自動車ひょーろん家もいますが、たぶんアルファードを見ても「かっこいい!」とか言っちゃうんだろうなあ(爆)。

で、世界に目を向けるとBMWもXシリーズってのがありますが、さすがにアソコまでデカイとデザインもまとまってる感がありますね。でもセダンや2ドアクーペの絶世のFRデザインからすると、ん~、、です(爆)。
アウディやボルボもこのジャンルに進出してきたし、「ダサカッコいい」がトレンドなんでしょうかね。

そうそう現行スカイラインもクロスオーバーってのがありました。
秀作だとは思います。少なくともセダンよりマシ(笑)。でも2ドアクーペの長いホイルベースを強調した、破綻しそうで留まっているような美しさには全く敵いません。




機能に裏付けられるスタイルは無条件でカッコいいと思います。装飾を排した四駆機能美の究極はジープ、それもMBやGPWに行きつくのだろうとワタシは考えてます。
戦争と言う大前提があったにせよ、道ならざる場所を走るための道具を突き詰めるとそれは実に均整がとれた美しいフォルムをしているのです。

クルマは用途でデザインが決まると思うのですが、最近は一体ナニで決めてるのか解らないトコロがありますね(爆)。
ま、ソレはソレで面白いとは思います。






スポンサーサイト
  1. 2010/08/06(金) 19:04:36|
  2. 間違いだらけのクルマ人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<宮まつり | ホーム | 週末突発行動>>

コメント

良く行くキャンプ場の管理人のオジサンがレオーネのターボに
今現在も乗っています。白に4WD、TURBOと誇らしげに
ステッカーが張ってあり、飛騨の山奥にひときわ目立っております。

密かにゴルフクロスカントリー欲しかった(笑。
頑張りすぎてエアコンのコンプレッサー入りきらなくなったとか。
大好きなクーラーの修理が出来ないので却下ですな(爆。

食料品じゃないですが、何とか風というのが流行の世の中ですね。
みりん風調味料とか
擦ってプレーもそうですし。。。外務省にきていたんですね
国際コスプレサミット関係で外国の愛好家達が。
副外務大臣の引きつった顔が面白かった。

今日もバス風四駆で走っております(爆。

  1. 2010/08/07(土) 08:47:05 |
  2. URL |
  3. くろちゃん #-
  4. [ 編集]

クロカン車風環境破壊車

みりん風調味料はマズイですね(笑)。
やっぱり本みりんでないと。

そうそう、自転車にもクロスバイクなるものがあって、こっちはMBXとロードの中間だそうです。
ゴッツいのはイヤだけどロードみたいな本格的なのも困るし、かといってママチャリじゃあねえ、、、とゆー街乗り用の用途らしいですね。

コスプレと言えば、最近「痛車」がとても増えました。
T木県では街の風景の一つになりつつなります(笑)。

日本はこれからどーなっていくのでしょう?(爆)




  1. 2010/08/09(月) 14:12:16 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/547-c35c221a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する