組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

クソゲー

実はタイトルとは真逆のことを紹介しようと思っています(笑)。
これから登場するゲームは決してクソゲーではありません。なぜかと言えば組長が御幼少~青少年の頃にハマりにハマっていたからとゆー、理不尽かつ不明瞭な一方的理由によるからです(爆)

やっぱり我々の少年時代といえば、思い出すのはコレでしょう。
「平安京エイリアン」 (笑)

****

いやフツーはギャラクシアンとかギャラガとか、もうちょっとお兄さん世代ならインベーダーとか言うんでしょうけど、ワタシの場合はきっぱり「平安京エイリアン」なのです。
小学生だった当時、近所の大通りにおもちゃ屋と隣家(化粧品店だったかな?)の隙間を無理やり利用した汚くて薄暗いゲームセンターもどきのような場所がありました(爆)。もう単純にテーブルゲームが何台か置かれているだけとゆーだけでしたが、我々には「聖地」であり当然のように一般的ペアレントや学校からは「立ち入り禁止」という見事な程に解り易い制限がされていた場所でもありました。
もちろん、「立ち入り禁止」とは面白い事がワンサカと詰まってる、という意味でもあるワケですね(笑)

前置きが長くなりましたが、そんなところで皆が見向きもしない卓がありまして、コレがその「平安京エイリアン」(笑)


heiankyoalien.gif


ぶんか社の教科書にも載るような(載ってません)超有名なゲームですが、最近火星から引っ越されたとかで、もしも解らないというごく一部の方の為にルールを説明しておきましょう(爆)。

この碁盤の目のような路地にプレイヤーとエイリアンが放たれます。
プレイヤーはスコップで穴を掘り、エイリアンが落ちたら埋めて駆除するとゆー、まっこと単純な内容です。
時間や面が進むごとにエイリアンの動きが活発になり、数も増えていくのは当時のゲームのお約束。
ですがこれが実は奥が深い!(笑)

自分の周囲を穴だらけにして奴らが落ちるの待ち、順次埋めていく陰湿な防御主体型や、広範囲に穴を掘っての明朗な攻撃主体型、それらの折衷型等などいろいろと戦術を駆使せねばならぬ面白さがあるのですね。
平安京はシューティングゲームのように勘と反射神経だけで渡っていけるような社会ではないのです(笑)。

しかも、平安京にエイリアンですからこのミスマッチ的な対比も面白いじゃあありませんか!
しかもプレイヤーの武器はスコップのみ。さらにスコップで出来るコトと言えば穴を掘って埋めるのみ!(笑)
平安京の道路を穴だらけにしてしまうのもどうかと思うのですが、ヤバいモノはとりあえず地面に埋めちゃえとゆー産廃処理的な発想もまたヒネくれた子供ゴコロにぐさっと刺さりました(爆)。





次もやっぱり不人気だったこのゲーム、

luna-rescue1.gif

ルナレスキュー! (笑)

考えてもみてください。これまでのゲームではエイリアンにしろUFOにしろ、手段はどうあれとにかく攻めてくる敵をヤッツケル事を主眼としてきたのです。
しかしルナレスキューはその名の通り、月に取り残された人を救助するとゆー、文部科学省も推薦している(してません)素晴らしい人道的道徳的ゲームなのです!(笑)。
母船からボタン操作で切り離された着陸船は、横行する岩石を避けながら降下していくわけですが、着陸する場所によって点数が異なり、当然ですが狭くて奥まった地形が高得点なワケです。

しかしそれだけでは血気盛んな小学生が喜ぶはずがありません。救助者を載せた着陸船はミサイルを放つことができ、いつの間にか岩石から変化したUFOを撃ち落とすことだってできるんですよ。

そして遂に母船とドッキング。コレを繰り返して何名かの救難者を母船に運んだら面クリとなるワケですね。
尚、母船とドッキング出来ずに虚空に消えてしまったらミスなのは当然ですが、母船のドッキングベイ以外に着船した場合はミスとはならず、せっかく助けた救難者が落下していくという厳しい「現実」も学ばせてくれる内容となっております(爆)

降下する速度を逆噴射で調節したり、その燃料が有限で残量が点数に反映されたりと、制御もなかなか凝っておりました。
全国的にはソレナリに愛好者がいて不人気とゆー程でもなかったようです。



~閑話休題~


時は経ちクソガキも徐々にクソ青少年になりつつある頃、時代は不良の溜まり場のアーケードからご家庭のお茶の間のファミコンへと変わりつつありました。
ワタシの周りにはファミコンはありませんでしたが、なぜかシャープのX1とゆー超初期型パソコンが(笑)。
進学した某学校は工業系でしかも寮生活だったこともあり、同室の松島君(仮名)が持ち込んでいたのですね。
これで雑誌に乗ってるゲームのプログラムを片っ端から入力しておりました。もう学業も睡眠もそっちのけなのです(笑)。
しかも、段々と理屈が解ってくるにつれ中身を改ざん(爆)したりしてイロイロとカスタマイズするようにまでなってしまったのです。
そのきっかけとなったのがこのゲーム、

hover.jpg

知る人ぞ知る超有名パソコンゲーム「ホバーアタック」なのです。
プレイヤーが使えるのはホバーとロボットのアタッカーの2つがあります。ホバーはジャンプできませんが地雷原には強く、射程が短いながら攻撃が無制限。
アタッカーは遠くたかくにジャンプでき、射程の長い攻撃も可能ですが残弾数に制限があり、その都度ホバーに戻って補給を受けねばなりません。
洞窟のようなステージを移動に制限のあるホバーと共に進んでいかねばなりませんので、一時の攻撃だけではなく戦略性も試されるとゆータダ(入力の労力は別にして)にしてはなかなかに素晴らしい出来栄えのゲームでした。





ファミコンゲームも一個ぐらい紹介しておきましょう。
世の中ではクソゲーと称されていてるようです。我々がコイツに出会った時は学生とはいえ既にいい歳こいてましたが、とにかくレポートも試験もそっちのけで集団でこのゲームに立ち向かったのですよ!(笑)

「スターウォーズ」です。

sw,n20(4)


そんなに盛り上がってしまった理由は、後半になればなるほどに超ムズイ難易度激高の展開になるのですね。
ゲームとしては既にスターウォーズのストーリにはまるで関係なく、珍妙なオリジナルキャラが中ボスだったりしますがそんなコトにかまってる程簡単にはヤラレテくれないのです(笑)。

基本は横スクロールのマリオ系なんですけど、針の穴を通すようなテクニックが必要で、八方塞がりの密室になる面(結構あるんだよコレが)では敵を倒しながら謎解きまでせねばならない、なんとも忙しいゲームです。

当時某国立高専の頭脳の粋を集めて、ほぼ毎晩ミーティングとチャレンジを繰り返し半年がかりでクリアした血と汗の結晶が詰まった見事な「クソゲー」です(笑)。
このゲームがなかったら、もっと世界に貢献できた人材が育ったはずなんですが(爆)




ワタシ達の世代はちょうどこの手のCP系ゲームの推移を全て見れるような稀有な年代だと思います。
思えばイロイロなゲーム機に踊らされました(笑)
アーケードに始まり、ファミコン、スーファミ、サターンにドリキャス、、、PSは初期モデルと最後期、PS2は今でも使ってますがPS3はさすがに欲しいとは思いません。
自宅ではずっとMAC環境なのでPCゲームはやりませんが、RCシュミレーターだけの為にAT互換機を導入したりはしてますので、やはりゲームなくしては生きられない世代なのでしょうか??

といっても今の新しい戦国ナントカとかはサッパリ解りませんけどね(笑)。

スポンサーサイト
  1. 2010/08/27(金) 03:39:37|
  2. 間違いだらけの趣味人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<道路は誰のものでしょう? | ホーム | ジンリキの楽しさ>>

コメント

私は野外派でした。
私の時はインベーダー、初代ゲームウォッチが子供たちを
虜にしていきましたが、タミヤとマルイと裏山と海が遊び場
でした。学生の頃は原寸大のプラモデルが玩具でした。
その延長がいまの状況であります。
しかし良く覚えてますね~。
  1. 2010/08/27(金) 16:13:31 |
  2. URL |
  3. くろちゃん #-
  4. [ 編集]

ゲームウォッチなつかし~

ありましたねえゲームウォッチ。高層ビルから落ちるヒトを助けるのは覚えてますよ。
セグが雑で動きがまさに「ウォッチ」でしたね。

田宮さんは今でもなんとなく敷居が高いような気がします(笑)
オトナってカンジ。
シャコタンシリーズとか出してないですもんね(爆)

マルイといえばエアコッキングガンですね。
1980円だったかな?アレ結構集弾良いらしくて、サバゲでサイドアームに使う人も居るらしいです。
以前はマルイもRCカーとかやってたんですけどね。

学生時代のクルマイジリといえば、解体屋でしたね。
ガソリンすら解体屋で買ってたような時がありました(笑)
学校の周囲の解体屋は、ドコに何のクルマがあるかキッチリ把握してましたから(笑)
  1. 2010/08/27(金) 17:02:11 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

中学生だったかな~

インベーダーゲームが、流行ったの・・・

有線からは、甲斐バンドのHEROになる時、それは今~が、流れてました(笑
  1. 2010/08/27(金) 17:59:42 |
  2. URL |
  3. 路駆丸 #hEMd9J4w
  4. [ 編集]

スペースインベーダー

あのゲームに100円払ってたなんて今考えるとビックリですね(笑)
中学の頃はゲームに飽きて麻雀してました(爆)
甲斐バンドのヒーローヒーローになる時あっは~それはいまあ~、今聞いてもちゃんとカッコいいですから、オンガクの世界の進歩ってのは無いに等しいんすね(爆)


  1. 2010/08/27(金) 19:48:46 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

これはこれは

ホバーアタックなんて、わたしゃ中坊ですよ。えぇ、忘れもしません。工学舎のI/Oって雑誌に載ってたのをポチポチ入力したクチです、私も。ダンプリストに定規当てて(笑) で、これがちゃんとやりたくて、真岡の福田屋でジョイスティック付きのゼビウスを買ったのですよ、万プー帰りに(笑)
出来がいいのは当然で、確かこれ、I/Oで実施したプログラムコンテストで最優秀賞かなんかになって市販されたヤツです。あと、個人的に魅かれたのがドアドアですね。といってもこっちは確かPC8801か何かのヤツで、あえなく撃沈した訳ですが・・・
入力したといえば、やっぱりべーマガじゃないですか?こっちはお手軽BASICだったので、X1に留まらず、PCのとかMZのとかFMとかPASOPIAとかBASICMasterとかM5とかPETとか・・・もう片っ端から移植して遊んでましたよ。
あとは12チャンでやってたパソコンサンデー。ドクターパソコンの宮永さん。氏にもかな~りお世話になったなぁ・・・副音声でプログラムを流すってのは画期的だったが、如何せんウチのTVは副音声に対応してなかったので・・・orz
市販のソフトで言えばPACMANにディグダクにMAPPYにRallyXに・・・と結構namco派(アーケードの移植板)でしたけど、ハドソンのサラトマとかデゼニランドとかポートピア連続殺人事件とかのアドベンチャーゲームもやったし、同じ北海道のdB-SOFTのFLAPPY。これなんて今でもBGM頭に入ってますよ(笑) ここはBASICコンパイラ付きのdBI-BAISCも出していて、これについてたレーザープラネットも嵌まってましたねぇ。
まぁ、ここまでは中坊時代のX1での話。その前に使ってた同じSHARPのMZ-721ってのが最初のパソコンだった訳ですが、これが当時としては画期的なデータレコーダーとペンプロッタ(しかも黒赤青緑の4色)内蔵のすごいヤツでして。これで一番最初にやったドッグファイト。画面中を飛び回ってひたすら敵の飛行機と打ち合うって単純なゲームですが、ファミコンなんて持ってなかった小5の自分には十分衝撃的でした。グラフィックなんてなくて全てキャラクタベース。飛行機なんて「ト■▲」ですよあーた。で、自分が緑で、敵が赤で、背景は青一色(笑) BGMなんて当然無くて、RETURNキーでゲームスタートするとブーーーーーって音と、弾打つ時のプップップッてのと撃ち落とした時のガガーーッのみ。
え?ゲームウォッチ?高層ビルから人が落ちてくるのは「ファイア」ですよ。5番目のヤツ。最初に発売されたのは他に「ボール」「フラッグマン」「バーミン」「ジャッジ」で、それぞれ赤、オレンジ、白、緑、ファイアは青です。後に「マンホール(茶)」と「ヘルメット(紫)」がついかになって、横長のワイドスクリーン、2画面のマルチスクリーンと発売され・・・ あ、もういいですか、そうですか【爆】
  1. 2010/08/28(土) 00:08:13 |
  2. URL |
  3. Wakui3 #t50BOgd.
  4. [ 編集]

・・・・・・

この欄て、こんなにコメントが書けたんだ、、ということにまず驚きました(笑)
wakui3君が精神的に病んでいるのは解りますが、こんなところに夢中になって書いてないで自分のブログを更新した方がいいと思います(笑)

なるほど、やはりホバーアタックは避けて通れないチェックポイントだったか、、。
今やっても新鮮かもしれないので、どっかで移植もんがないだろうか?

近年(といっても10年以上前だが)ズッポシだったffシリーズやリッジ系のクルマゲーとか、初代ps関係も面白かった。
レイジなんて気分を盛り上げるためヘルメット被ってネジコン捻ってたなあ(笑)
グランツも結局一番やり込んだのは1作目だし、とにかく初代psは画期的だった。

もうあんなにゲームにはのめり込めないなあ。硬直して首が痛くなるし(爆)




  1. 2010/08/29(日) 09:18:44 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/553-ad6b8436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する