組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

伝説列伝 (その1)

ワタシの周りにはなぜかミョーな伝説をサクッと作ってしまう輩が多いのです。なんででしょ?(笑)
特にヨンリンクドーシャ系が(爆)。
犯罪の匂いもする話もありますが(笑)そろそろ時効かという事で今回、(仮称)「やまちゃん」のお話をさせていただきます。

仮称とはいえ「やまちゃん」と軽く呼称させていただいてますけど、ホントはワタシの大先輩な年齢の方。
南国九州方面の生まれでホリが深く、なかなかの男前なのです。




あれは10年以上前の秋も深まった夜でした。当時住んでいたアパートにいきなりやまちゃんより入電。

「これからオレはさあ、図鑑に載ってないキノコを食うから、2時間後にまた電話して。」

え?

「もし電話でなかったらすぐ来て。もしくは救急車だあね(笑)」

え?は?

まあとりあえず2時間後に電話しましたよ。
既に酔っぱらっていたやまちゃんは一言、「案外ウマいが煮汁は苦い」

それって、ヤバくね?(笑)

図鑑とかそんなレベルではなく彼の基準としては、「虫の食ってるキノコは食える。」だそうです。




彼とカヌーに行った話もせざるを得ませんね。
その日はあいにくの雨降りでしたが、どうせ濡れるんなら一緒や、ぐらいのイキオイでワタシ達は水面へと漕ぎ出しました。
ズブヌレになりながら身体の芯まで冷え切る程遊びましたが、さてそろそろ上がるかという頃に重大事件発覚。
やまちゃん、なんと着替え一切忘れてきたとの事。
栃木に帰るまではまだまだ何時間も掛かりますし、ワタシも他の連れも自分の分しか持ってきておりません。

しかしやまちゃんは動じません。
濡れた衣服を脱いでちゃっちゃと真裸になると、ワタシのフェイスタオルを腰に巻いて頭に乾いた手拭いを巻き付け、自分のクルマにサッと乗り込んでしまいました。

そのまま某市内の地方にありがちな”しまむら的”な呉服店の駐車場に滑り込むと、全く先程のスタイルと変わらないイデタチでスタスタと店の中へ(爆)。

慌てて後を追うワタシ(笑)。
顔も顔だし南方民族の方のようにも見えますが、問題はタオル一枚しかないその向こうは、もっこす男子の御本尊そのものがゴロっと横たわってるという驚愕の事実。

何事もなくパンツとシャツ、簡易なズボンを選んでレジに持って行こうとしますが、万全を期すためワタシはこうアドバイスしたのです。

「しゃべんない方がいい。出来れば身振り手振りで、、、」

レジのおねえさんは必死で笑いを堪えていたようにも見えました(笑)。




やまちゃん絡みでワタシが味わった恐怖の体験の話もしなければなりません。
当時ワタシ達は、よくアレスクラーの囲炉裏の家に泊まっては酒盛りを繰り返しておりました。
何故こんな山奥で宴会をするのかと言えばですね、酒場に飲みに行くカネがないというより、一滴でも多くサケを飲みたい刹那的な事情と理由があったからです(笑)。

十分に酔った頃、仲間内から突然、「夜中の林道ツアー」案が浮上。
飲酒運転も甚だしいですがこんな山の中ですから咎める者もいないワケで、気分が高揚している我々は早速各自の自慢のバイクや四駆へ。
夏場だったのでやまちゃんは迷わず4輪バギーを選択。
コレは当時の彼のお気に入りで400ccもある四駆の大型ATVなんです

ところが、その日はY31バンで登場してしまったワタシは考えてみれば林道に乗っていくモノがないワケで、なんとなく流れ的にやまちゃんの後ろにタンデムで行こうと言う事に。

実は元2輪テストドライバーのやまちゃんなので平時ならば安心してスリルを味わえるのですけど、どうにも酩酊で足元もおぼつかない状態なので、今夜はスリルのみしか味わえそうにありません。

ATVと言えども全開時にはかなりの速度。しかもフェイントから繰り出す4輪ドリフトはまさに血の気が引きまくり。
しかも両者剥き出しのノーヘルなんです。

「うぎゃ~しぬう~!」
「うえっへっへっへっへ」

意味不明の奇声と笑い声を上げながらやまちゃんのココロのアクセルはドコかに引っかかったまま戻ろうとしません(笑)。

なんとか無事に戻って来た時には、ワタシは完全に酔いは覚めぐったりと憔悴しきっておりました。

恐怖はコレだけではありません。
朝になって自分の愛馬を見て彼が言うには、 「あれ?昨日誰か乗った?」

「、、」

生きてるって、素晴らしいと思いました。






次、軽トラ炎上事件(笑)。

その日もいつもの週末のようにヤマに集まり、どんちゃん騒ぎの宴会でした。
あの晩ワタシが最初に始めたんだと思いますが、酔っぱらってたまにやる危険極まりない遊びがあるのです。
残り少なくなった火気厳禁のスプレー缶やランタンのボンベなどを焚火に放り込むんです。
暫く経つと火柱とキノコ雲が上がるのが迫力があってなかなか楽しいのですが(爆)、その晩はソレだけでは済みませんでした。

やまちゃんが笑いながら取り出してきたのはなんとプラスチックの栓がしてある新品のブタンガスボンベのデカイ方。
あの青いCV470そのものです。

「いやあそれはちょっとヤバ」

言い終わらぬうちに燃え盛る焚火に投入されるCV470。
逃げなければ確実に死にます。

距離をとって眺めること数分。
唐突に「ズドバーン!!」という激しい爆裂音が。身構えていたとはいえ身体がビクつきます。
その後登場する巨大な火柱と赤く染まったキノコ雲が、酔った脳味噌越しでも正直美しいと感動して魅入ってしまいました。

しかし爆発力が強すぎて焚火が鎮火してしまったようなのですが、そう言えば油田火災もこうやって消すんだったなあなどと言いあっては笑っていたのもつかの間、焚火に一番近くに停めてあったやまちゃんの会社の軽トラ運転席からメラメラと炎が上がっているではないですか!

半分ぐらい開けていた窓より飛び散った焚き火が侵入して着火したようなのです。
どんどんデカクなる炎。やまちゃんは毛布を取り出して被せますが炎の勢いは弱ったもののまだまだ消えません。
ワタシはバケツに水を入れて掛けまくります。もう一人がアイスボックスに水を入れて大量投下。これが決め手となって全焼を防ぎました。

しかし無残にも軽トラのシートは骨だけとなり、焦げくさい匂いが充満しております。
残念なことに先週下ろしたばかりの新車。当然やまちゃんの会社のクルマなんです(爆)。

その後会社にこっぴどく怒られたやまちゃんは、しばらくの間仕事の時は動くのもやっとぐらいの軽トラに乗ってました(笑)。
ワタシもその後やまちゃんの会社(アレスクラーのスポンサーです)のお偉いさんに謝ったりもしましたけど、なぜ燃えたかの理由についてはいまだに明確にはしておりません(爆)。



そーいう楽しくて素敵な仲間がワタシの財産なのです。
いや負債か(爆)




スポンサーサイト
  1. 2010/11/22(月) 22:24:13|
  2. 悪いお友達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<火中の栗を拾うが如くの関東近郊観光地視察行 | ホーム | 52型導入>>

コメント

そんな思い出がいっぱい

詰まっていた場所だったんですね~
タップリと、笑わせて頂き、ご馳走様でした。

目に浮かぶ光景が、焼き付いてしまいそうです(笑
  1. 2010/11/22(月) 18:56:08 |
  2. URL |
  3. 路駆丸 #hEMd9J4w
  4. [ 編集]

こんにちは♪
那須訪問の際に聞かせていただいたあのお方のお話しですね。
後編2編は未公開ネタでこちらもキノコ、シマムラ以上に凄いですね。
くみちょうさんがぐびぐびしながら語ってくださった様子を思い出しました。

業務連絡:BBS作りました。油売っている所からリンクで入れます。
       こちらも宜しくお願いします。そのうち移転します。
  1. 2010/11/23(火) 12:26:30 |
  2. URL |
  3. くろちゃん #VeThaSEI
  4. [ 編集]

面白いヒト

路駆丸さんももっと早くにアソコへ来ていたならば、きっと激しい洗礼を受けたことでしょう(笑)
15年ぐらい前は結婚している方が少数だったので、いろいろと自由に羽ばたいておりました。
少々ヤリ過ぎた感もありますが、楽しい思い出です。
  1. 2010/11/24(水) 10:02:56 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

傾向と対策

くろちゃんさんもお気づきかと思いますけど、ランクル乗りはカナリの確率で常軌逸脱者が多いですよね(爆)
ハンドルを握ってるよりもコップや酒瓶を握ってる方が相当に危険な気がします。
ヨンマル系の方は既にエンスーの域ですが、要注意なのはナナマル系(笑)。ハチマルも同業者形状だとヤバいです。
ま、確実に楽しいヒトばかりなんですけどね。

サファリ乗りはどうなんでしょう?
同じような傾向だとは思いますけど、ハンドルを離せば結構フツーの方が多いような気もしますが、、、、。






  1. 2010/11/24(水) 10:16:11 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

シリーズ化は・・・

どんも。お題の ~(その1)っていうのが、凄い気になる。だって、面白いことは間違いないけど、シリーズ化はヤバイっしょ。。。。。

否、どうしてもやるんだー!っていうなら、年に1回程度の進捗頻度で細々と…ね。じゃないと、速攻で捕まってしまうから(笑)

でわ~~
  1. 2010/11/24(水) 23:29:01 |
  2. URL |
  3. ねむいカナ?@アツギ #-
  4. [ 編集]

時効物件

@アツギ君、君も伝説持ちだからねえ(笑)
心配する気持はわかるよふっふっふ。

大丈夫、時効物件だけを扱うので(爆)
  1. 2010/11/25(木) 09:07:21 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

爆笑しつつ、某お方には私も顔を火あぶりにされかけたことがあったなあとちょっと思い出してみたり。
ええ、ヤマでの出来事です。

私は伝説ないですから、安心して読めます。
楽しみにしてます。

  1. 2010/11/25(木) 11:21:38 |
  2. URL |
  3. サファリ工務店バイト #WCSj23LI
  4. [ 編集]

ご無沙汰しております・・・
ランクル時代の知人にも、焚き火にボンベ・・・で
病院送りになったことがあるヒトがおりました。
カセットガスボンベでズドバーン!だったようで・・・
ヨンリンクドーシャ系のヒトビトに多いような気がします(笑)

PS:あの「自然通風仕様」Y60から、諸事情?でV46パジェロに乗り換えました・・・
でも、Pジェロと言っても、ビニールシート&パワー要るウィンドウの
バンですバン・・・超貧相仕様です。
うちのは元エヌテーテーの個体でして、あちこちに「左右確認!」だとか「ドアロック確認」な~んてシールが貼ってあります。
  1. 2010/11/28(日) 01:03:20 |
  2. URL |
  3. ちっち #aa0nrIO.
  4. [ 編集]

要注意ヨンリンクドーシャ系

カセットガスも良いキノコ雲が出るんですよねえ(爆)
ただ、向きを考えないと底蓋がすっ飛んできたりしますので、ちっちさんご知人もソレでけがをされたのでしょうね。

V46のオハナシは風の便りで聞いておりました。元TNT、違ったNTTの社用車であれば、整備記録はバッチリですね。
しかも故障の原因の電気仕掛装置が最初からないなんて!
よい買い物をされたと思われます。

いよいよあのY60は国外へ旅立ったのでしょうか?

  1. 2010/11/29(月) 17:17:43 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/571-addc990f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する