組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

たまに乗ったらこんな悲惨

久しぶりに電車で上京することになりました。
大きな目的は前回にご紹介したとおり、幕張メッセの東京オートサロンへ行くことと恵比寿で馬肉を食う事の2点です。
オートサロンはどうでも美味しいモノを食ったら美味しい酒も飲みたくなるじゃないかという本能を満たすために、ワタシは久々に宇都宮駅新幹線改札を潜ったのです。

しかし待てど暮らせど時間の新幹線はやってこず、おかしいな?と思った時に先程からしきりに流れている構内アナウンスに耳を傾けると、なんと小山駅で信号機故障のため全面運転見合わせという驚愕の事態に。(気付けよ)

あんじゃそら?状態で駅員に訊くも復旧の目処は情報が入らなくて解らない、、というシドロモドロな回答に業を煮やして即払い戻しをしました。

しょうがないので時間どおりに動いている(ハズ)の在来線ホームに降り、期待通り時間どおりに来た普通電車のグリーン席に埋もれたのです。

新幹線も大したことねーなあと思いつつ惰眠を貪り、気が付いたらまだまだ野木駅。
いくらグリーン席とはいえ各駅停車の普通電車上野行ですから、そりゃ遅いワケなんですね(笑)。
流れているドア上のインフォメーションではいまだに新幹線は動かないようで、ワタシの選択が間違ってないことを証明していましたが、こりゃ大勢の人がいろんな風に怒ってんだろうなと他人事ながらちょっと心配です。

ルートは上野で降りて東京まで山手線、東京から京葉線で海浜幕張までというモノ。
案のじょう東京駅の新幹線乗り場には荷物を抱えた人たちでごった返しておりました。
オヤジは叫ぶ子供は泣くおばさんは虚ろな目でうずくまる等など、ちょっとした戦場の収容所のようです。

すまねえとココロで言いつつその脇をすり抜け、京葉線のホームに向かう途中で蕎麦なぞを食い、空いている快速のシートにスルリと腰を下ろすことに成功しました。
いつも思うのですがどうして京葉線のホームまではこんなに距離があるんでしょうかね。
地下なので解りませんが、密かに有楽町ぐらいまで行っちゃってるんじゃないでしょうか?。

快速とはいえ幕張までは結構あります。
しかし、車窓から見える湾岸線は橋という橋の手前でひっきりなしに渋滞しており、これまたワタシの選択が間違ってなかったコトを雄弁に証明(笑)。

海浜幕張駅からメッセまでは大した距離もなく、クルマで来て遠くの特設駐車場に回されるよりもずっとマシかもしれません。
コレからお出掛けは電車でGOだなあとちょっとだけ思いました(笑)

第1の目的のオートサロンを制覇して、夕方再び京葉線快速に乗りました。
椅子には座れましたが快適だったのも舞浜まで。ココにはあの浦安鼠帝国が常に背後に控えており、とにかく週末の夕方にはコンクリート圧送ポンプのように人間を電車に流し込むのです。

車内は阿鼻叫喚の地獄絵図で、なんとワタシの目の前の子供が「座りたい!」と激しいダダ(爆)
こっちもメッセでワッセワッセと活動していたもんですから座っていたいのは山々ですが、思わず反射的に「ほら座んなさい」と席を譲ってしまいました。

そうしたらですね、「ああスイマセン」といいつつまずは母親がドスンと着陸(爆)。
子供を膝に乗せつつ、「お父さんも座れればいいのにね~」とまるで隣の我が奥様に聞こえるように子供に話しかけてるのです。

さすがの奥様も無視は無理だったらしく「良かったら座ってください」と席を譲ってしまいました。
どう見ても私たちより若い夫婦なのですけど、若干ヤンキーが入ったような父親は「ああすいませ」と言いながらすかさず狭い隙間に尻を押し込んでいます。

いやはや彼らはいつもこーいう手口なんだろうな、と吊革にぶら下りながらちょっと嫌な気分に。混んでるので彼らから遠ざかろうにも出来ず、身動き出来ぬまま結局そのまま東京まで乗り通してしまいました。

やれやれと言ったところですが、ハナシはまだまだ終わりません。
恵比寿で飲み食いしてさて河岸を変えようと再び山手線に飛び乗りますが、運悪いコトに大崎どまり。仕方ないので大崎まで行って後続を待つワケですけど、人身事故らしくてなんと運転見合わせ!。
ホームにはドンドン人が溜まってきまして、際からこぼれおちそうな状況です。
でも今乗ってきた大崎どまりは回送電車になるらしく、とにかく速やかに降りろと口調は丁寧な命令がスピーカーから流れ出ますが、実はそんな状況ではないのですよ。

極限まで密度の上がったホームに奥様をまず押し込んで、ワタシの顔20センチ向こうを電車が過ぎ去りました。そうなると今度は線路に転落が心配です。誰も押さない様に、押されない様に祈るばかり、、、。

10分ほどその態勢で頑張って「電車が来ます」のサインが着いた時にはホッとしましたが、駅員の「お下がりください!お下がりください!」と叫んでいるのにはムカっときました。
コレ以上ドコにどう下がれってんだよお!

ケタタマシイ警笛を鳴らしながら被災者を威嚇するように再び顔から20センチ先に山手線登場。
ホームの人がほぼ全部乗っても車内には多少余裕があるのですから、この莫大な輸送力では1本遅れただけでも惨事になるんだなあと変なトコロに感心した次第です。

さて、そんなこんなで2次回も無事に終わり、そろそろ帰ろうかと上野駅に来てみたところ、新幹線は走るには走っているけど全数ではなく運休も相当多いようです。
なんとなくもう酒も入ってるし気分も良いので普通電車でもいっかあと来た時と同じように2階建ての端っこの平屋グリーン席に埋もれました。
本日2回目のこの椅子がなんとなくホッとできるような気になって、大宮駅まで爆睡。

なんで大宮駅までかと言えば後ろに乗ってきた爺さんがワタシの椅子を引っ張ってしきりに揺するのです。隣のばあさんも奥様の髪を引っ張ったりして、なんとも迷惑な客が再び現れたのですね。

「やめろよ」と言えばおとなしく「スイマセン」と暫くは何事も無く惰眠を貪れるのですが、何らかの拍子に急にスイッチが入っちゃうらしくてまた、ガタガタと揺らし始めるのです。
アタマに来たのでグリーン車のアテンダントおねえさんに「うしろの席で前の椅子を揺らす怪しい老人どもがいるので何とかしてほしい」とチクったら、警備員のような男が現れてボソボソと注意を与えていました。

その後警備員はデッキでガラス越しなるもじっとこちらを監視していまして、それならばワタシは現行犯でこのクソ爺いをなんとかしてもらいたかったのであの「ガタガタ」を待っていたのですけど、ついに最後までスイッチは入らずでした。
まるでワタシがウソついたような状況に追い込まれてしまったワケですね(笑)

JRはどうして罪も無き我々に試練を与えようとするのでしょうか?
このガタガタ事件の最中にも、なんといきなり「緊急停車します」と言うアナウンスが。これは我が短い電車生活の中でも初めての事態です。

クオ~ンといういつもとちょっと違う大きな回生ブレーキの音とともに減速。最後は「ガクッ」と大きく前後に揺れながらのヘタクソ的な停車。
「通過した踏切に直前通過がありましたので現在調査中です」などというようなアナウンスが車掌からありまして、10分ほどその場で停止していました。

通過した踏切に直前通過があったって、それってコトが起きてれば既にソレナリのダメージがある筈じゃないですかね?
何事もないならば無事だったってことじゃないんですかね?いちいち電車停めて調べるようなことなんですかねえ?
まあ、もし人間とかだったら床下でぐちゃぐちゃになってても気が付かないのかも知れませんから
こーいう調査は大事なのかも知れませんが、踏切を過ぎてかなり走っちゃったような気もするんですよ。電車はいきなり止まれないんですねえ。
もう諦めて行っちゃったらどうですか?と、ぼやけた脳内で勝手な仮想クレームを付けていると、アナウンスがナニかゴニャゴニャとしゃべったと思ったら発車しました。

宇都宮駅には5分遅れで到着。途中で随分と「巻いた」計算になりますが、乗り換え電車もとっくに終わったような深夜なので意味はありません。JRさん無駄な努力は得意のようです(爆)

というように、この日はとにかく異常ともいえるほどJRにはヤラレテしまいました。
suicaの残弾数を見ても新幹線未利用でもそんなに運賃も安いワケではないし、もう電車で上京するのはやめようと思ったのですけど、そうすると酒飲めないしなあ(笑)。

とゆーわけで、組長の悲惨な電車旅レポでございました。
たまに乗るからそんな目に遭うんだと友人は言いますが、基本やはりワタシには電車は向かないようです。

スポンサーサイト
  1. 2011/01/19(水) 00:00:01|
  2. オデカケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<ハクキンカイロ活躍中 | ホーム | 東京オートサロンに行って来たんですけどね>>

コメント

一日でこれだけのオプションを愉しまれるとは、オーストラリアツアー2回分くらいの疲労度が溜まりますね。

私も、自由気ままなおクルマ派なのですが、最近は楽チンってことでJR利用する回数が増えています。でも、JR 構内に足を踏み入れた瞬間から引き返したい気持ちになるのは今も昔も同じです(笑)。

しかしコレを日常として繰り返してらっしゃるお父さんがたが相当数いるのも事実。頭が下がる思いです。明日から会社では、そんな彼らに少し優しく接してあげようかな、と思い直す良いきっかけとなりました。明日には忘れているでしょうが・・。
  1. 2011/01/19(水) 00:52:05 |
  2. URL |
  3. Peg #-
  4. [ 編集]

酒さえなければ

Pegさんも電車嫌いなんですねえ~。
JR構内に入ると引き返したくなるって、それは相当の重症ですよ(笑)

黒磯から宇都宮に通勤すると湘南新宿ラインとかに乗りますが、ふと考えるに「コレって海まで行くよなあ」と思ってしまうと、ホントに行きたくはなりますよ(爆)。

クルマの方が自由が利いて時間に縛られないので良いですけど、飲んでしまったらOUTですからねえ。
ワタシもPegさんのようにキャンピングトレーラ牽いて、それから上京した方がヨロシイですね(笑)

  1. 2011/01/19(水) 15:55:10 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

呼び寄せているのでは^^

これだけの出来事が有るとは○○易団的にはきっと何かあるのでしょう(笑
これは大人しく電車なぞ乗らずにサファリに乗りなさいというお告げでしょう。
でも人身事故は困りますね。。。
最近車が多いのは都会の電車での人身事故が増えて時間が読みにくくなった
事もあります。
  1. 2011/01/20(木) 12:08:14 |
  2. URL |
  3. くろちゃん #VeThaSEI
  4. [ 編集]

日頃の行い

全くその通りです。
日頃の行いが全て反映されたようです(爆)

しかし、統計的にも1月15日前後は天候不順やらが多いようで、そういえばセンター試験も会場遅延の報道が毎年あるような気もしますね。

でも今回のJRはキッパリ人災だと思います。
  1. 2011/01/20(木) 16:27:23 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

災難でしたね。毎日仕方なく通勤電車に乗っている身からみると、日常的な風景なことに気付きました。よく考えたら、私の感覚がおかしいですね。
  1. 2011/01/20(木) 18:39:32 |
  2. URL |
  3. nakajin #-
  4. [ 編集]

ニンゲンが操ってるものですから

nakajinさんは電車通勤なのですね。
毎日大変だと察します。
実はワタシも基地システムがなかった頃は電車通勤でしたが、こんな記事の事態の一個が起こることって1年に1回ぐらいの頻度でしたよ。
まあ田舎って事もありますが(笑)

東京の友人に聞くと、中央線が特に酷いらしいですね。
  1. 2011/01/20(木) 18:53:06 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/579-e7a9b514
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する