組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

河津桜!

あ、生きてます(笑)。

仕事が、本業があまりに忙しすぎる日々を送っとります。
土日も既に忘却の彼方、今日は何曜日だっけ?状態。
この年度末までに納めなければならない物件が立て続けに折り重なりまして、しかも現場も図面ものダブルヘッダーのツインカムDOHC(笑)。
終わらない修羅場ははないといいますが、ホントに終わるんだろうか?と甚だ疑問な今日この頃なのです。

ま、泣き言はこれくらいにしておきましょう。

外はどんどん春めいてきて桜前線もこちら目指して北上中との大本営より入電(つまりはNHKテレビが)ありますが、未だ朝晩は凍えるような寒さもまた持続中な栃木県ではございます。
そんな遅々として進まない春を待ってるよりも、一足先に覗きに行っちゃうか的な作戦を怒涛仕事の前に敢行してきました。
密かに時期外れではありますが、ここにご報告をば載せてみます。

時は2012年3月は10日、もうこの週末以降はあとは土日も休みもヒトらしき生活も無いとの背水の陣で挑んだ伊豆は河津桜及び南伊豆方面への出撃です。

朝3時に目覚ましをセットし、眠たい目をこすりつつもC200を東北道に乗せて南下させます。
首都高を抜けて東名から小田原厚木道路に入りターンパイクで箱根から、、と思いつつ入口まで来たらなぜか閉鎖中。
ターンパイクと伊豆スカイラインを諦めて熱海経由に切り替え、海沿いの道をどんどん半島の先っぽを目指します。
しかし、一向に雨が降りやみません。だんだんと夜は明けてきますがどんよりとした雨雲の輪郭が正確になっていくだけなのです。
「困ったねえ」と隣で爆睡している奥様に呟きながらまずは河津町を目指します。

7:30には予定通り、涅槃堂駐車場に到着。
昨晩仕込んでおいたオニギリ朝ごはんセットで車内朝食を済ませ、雨は未だに少々降っていますがボチボチ散策するべと外に出ました。
やはり伊豆です。なんとなく暖かい空気がもすっというカンジでまとわりつきます。寒くなければとりあえず良し、ということで傘をさしつつ桜並木を漫ろ歩き。

河津桜その1

河津桜その2

河津桜その3

河津桜その4

河津桜その5


全体的には満開ちょっと過ぎとゆー感じでしょうか?
ちと葉も出てますけど、同じ木に蕾みもあるんです。昨今の異常気象を象徴するような成長っぷりなんでしょうか(笑)。

河津足湯がぐっつぐつ

足湯も開店一番で突撃しました。
朝一だからかキョーレツにアツいです。江戸っ子も全裸(not裸足)で逃げ出すような温度ですが、場所によって浸かれるポイントを探し出しほっと一息。
体温の上昇を感じるとともに睡魔も湧きあがってきます。昨日は21:00には寝たのになあ(笑)。



10:00頃まで河津をブラブラして土産を買ったり露店を冷やかしたりしておりましたが、さすがに飽きましたので次なる目的地の南伊豆へ移動です。

いつもまにか雨もやんで、瞬間に日差しさえ出るほどに天気は回復。よしよしザマミロ(笑)。
南伊豆は桜と菜の花が見事なコラボを見せておりました。
黄色と桜色のコントラストが鮮やかですが、我がD100+標準ズームでは表現しきれません(泣)。

南伊豆桜その1

南伊豆桜その2

南伊豆桜その3




この後、下田で寿司を食いつつ半島の山間部を北上、途中アヤシイ山葵屋に捕まりホントにウマい山葵漬と生山葵を購入し今度こそはと伊豆スカイラインで聖地箱根を目指します。
ところが箱根に近寄れば近寄るほど天気は激崩れし、雨はみぞれに変わり霧(雲かも)で5m先が見えません。
C200は夏タイヤなのに路面はどんどん白くなり、いよいよTRCランプが頻繁に点灯するようになってきました。
引き返すにも今までココまで登って来たのですから、下るのはイヤだなあというコトで却下(爆)。
このままターンパイクに突入したほうが面白そうだと判断し、霧の中雪で消えつつあるセンターラインを凝視しながら制限速度+を維持しつつ慎重にズルズルと走ります。
やはり聖地箱根は恐るべしです。

箱根を抜ければ雨も雪も霧もなく、まさになんだったんだ状態(笑)。
そのまま小田厚から東名と未明に来た道を引き返し、帰宅したのは22:00も廻った頃でした。
途中厚木の怪人の家にでもアポ無しで追加突撃しようかとも思ったのですが、遅くなると明日に差し支えるしこれと言った貢ぎ物もないので素通り(爆)。
伊豆往復としては珍しくドコにも渋滞もなくスムーズな行程でありました。


春先取りの桜もなかなか見ごたえありましたが、陰の功労者としてはやはりC200ベンちゃんでしょう。
680キロ走ってもまるで腰も痛くならず、身体もそんなに疲れてないカンジなのです。
燃料もあと1目盛の残がありましたし、燃費的にも13km/Lと優秀です。
さすが距離を乗れば乗る程に、ジワリと良さが染み出すように出てくるのですね。
でも雪の箱根は怖かったですが、、(笑)。

スポンサーサイト
  1. 2012/03/27(火) 04:53:49|
  2. オデカケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<i-Phone哀歌 | ホーム | 暖かきもの>>

コメント

おいらは、17日に熱川へ電車で行きました。奮発して露天風呂付の部屋(¥30.000)に泊ったら、どしゃ降りの雨でした。
しかし、朝ビールで風呂に入りました(爆)
  1. 2012/03/27(火) 21:01:08 |
  2. URL |
  3. つよし #-
  4. [ 編集]

いいではないか

熱川といえばバニワナナ園だね。
露天風呂付きの部屋かあ、夢だなあ、いつかは泊まってみたいぜ。
朝ビール持ち込み風呂かい?(笑)
死ぬよ。

花見は東京でやるかもだからその時は集合ヨロシクね。



  1. 2012/03/28(水) 10:38:52 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/661-b1c10eda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する