組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

されどマーチン

マーチン、生ギター弾きには憧れに近い逸品です。
特に国産でもマーチンのコピーギターは数多いですね。
実は我が屋の家宝(笑)、ヤイリYW1000もマーチンD45のコピーです。
もっとも音は全然違いまして、ヤイリはいわゆるヤイリサウンドとゆーやつで本家マーチンとはまるで違う音なのですね。
じつはその音が凄くイイとワタシは思っているんですが(爆)。

なので本家マーチンはそんなに触手が動かなかったのも事実でして、「そりゃコレだけ高額なら音もいいだろうよ」的な内角低めの視線で見ていたのです。

そんなワタシのちょっとヒネた目を少しだけ真っ直ぐに戻してくれたのが、今回紹介するこのトラベルギター的な小型マーチン 「LXK2 Little Martin」 でございます。

martin-lxk2-mini.jpg


宴会までの時間調整のために入った黒澤楽器渋谷店にそれはありました。
ま、こーいうのはコドモダマシ的な玩具ギターだと端から決めてかかっていたのでスルーして奥にあるガッドギターコーナーに釘づけになっていたのです。
しかし奥様が「コレかわいい!弾いてみたい!」とマトモに弾けもしないのに店員に試奏リクエスト。
その時ワタシは玩具にしては高いけど、マーチンにしては安いよなあ(爆)と素直な感想を漏らしておったのですね。

店員がチューニングをしてる時から、我が耳は「?、、、」という疑問符が。
奥様がチロチロ弾き始めた時に、疑問が「!」とビックリマークに変わったのです。
「ちょっと弾かせて」と言って半ば奪い取り、取り敢えず出来る一通りのコトをやってみたんです。

その小さなボディからは想像がつかない音がバインバインと鳴るんです。
倍音も綺麗だし、ストロークはヘタするとYW1000よりもパワフル?。
自分が今ナニ弾いてるのか解らなくなるぐらいに、その外観と音のギャップは見事なのです。
いわばランクル40で180km/hを片手クルーズしてるような、そんな感じですね(笑)。

しかも、さらに「!」な事には、このギター、表材はリサイクル材を接着剤で固めて作ったヒトの手による科学の材料で、シダーだのスプルースだの良く聞くタイソウなシロモノではありません。
見た目イイ味の木目ボディは、実はプリントされた貼りモノ。
ネックだっていかにも「集成材!」と豪語してるような接合スジが入ってて、正直珍しいとも奇異とも見れるような外見です。しかも本場USAではなくメキシコ製。
成程、安い理由はありますね(爆)。


正面ボディ

裏ボディ

ネック



しかし、創業200年から成るマーチンがいい加減な製品を世に出すはずがなく、やはり小さくてもマーチンはマーチン。
たとえボディが木ではなくともキチンとマーチンサウンドなのです。
店員も「このギターは不思議です」と言ってました。彼も最初は完璧に玩具だと思ってたそうです。
ただ、これ以上音が良くなるコトはないだろうし、弾く人に合わせて鳴り方が変わる事もないだろうと言うコトですが、ま、そりゃ仕方がありません。

小さいことによる演奏性に違和感がなくはないですが、そんなに気にする程でもありません。
自然に弦も押える事が出来ますし、慣れれば弾きやすいと感じてしまうかもしれません。
レギュラーサイズが弾けなくなったらどうしよう、、そんな危惧も覚えます(笑)。

比較の為に何本かホンモノのマーチンも改めて弾かせて貰いましたけど、さらにこの小さなギターの凄さを認識した結果に。
だってン十万払っての音なら確かに納得できるけど、4万円ちょっと程度でこの音はお得!(笑)。
しかも外観と音のギャップバリバリの特典付きです。
扱いもちゃんとした木ではないのでゾンザイで構わず、オデカケにもひょいと持っていけるサイズなので、暇つぶしにケータイ弄るよりはるかに文化的(爆)。

とゆーわけで、満場一致で「こりゃおもしれえ」と我が家に迎え入れることに(爆)。
6月末でサービス期間という事もあり、値段は引いてくれなかったけどチューナーやら弦やらイロイロとオマケを大量に付けてくれました。

そういえばワタシ的にも、初「マーティン」(笑)。
アンチマーチン派先鋒としては実に忌々しき事態でございます!(爆)。










スポンサーサイト
  1. 2012/07/02(月) 00:05:58|
  2. 楽器とかオンガク的なくみちょう別の顔の趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<小料理屋にて | ホーム | LPG車のユーザー車検>>

コメント

わおっ!

YouTubeで音聴いてみたけど、ちゃんとした音だ(笑)
Hawaiian Koa HPL Pattern Textured Finish? ・・合板そのままの方がウケたかも(笑)
欲しい物リストにランクインです。
  1. 2012/07/02(月) 17:44:23 |
  2. URL |
  3. B.K #-
  4. [ 編集]

合板仕上

そーなんですよ(笑)。
こんなウソ仕上げよりもそのままのヤツはないのか?とワタシも聞きました。
でもコレのおかげでメンテ要らずで傷にもならないですからね。

ちゃんと鳴ってるのが正直気持ち悪いです(笑)。
ぜひ、一本お買い上げください。
ブラックフニッシュなんかキワモノ感溢れててイイですよ~(爆)。

  1. 2012/07/03(火) 07:14:19 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/678-b2c99a1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する