組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

Nikon coolpix7100

我がスタイルとしてですが、ブログやら記録やらの写真はケータイのカメラがメインでした。
特にそれで困る事もなく、車検証やら書類やらのコピー代わりにも十分だったりして便利には使ってましたが、やはり所詮はオマケのカメラ(爆)。
出先で良くある「ああ!カメラ持ってくればよかった!!」的なシチュエーションでは役立たずです。

して、その持ってくればよかったのカメラは一眼なのでボディはデカイ、レンズもデカイ、しかもタマ一本では心もとなく2本は持って行きたいなどなど、到底お手軽とは言い難いワケなのですね。
NIKON D100とゆークラシック機材なので画素数とかスペックは今のケータイのオマケカメラにも劣りますが、口径のあるレンズと一眼レフとゆー気合(笑)でそこそこのシャシンは撮れるのです。
しかし上記のリユーでなかなか外出の機会がないのも事実なのであります。

で、カルく出掛けた時にもお供出来て、そこそこのシャシンも撮れるようなカメラが欲しいなあとボンヤリ西の空に祈っていたのです。
そうするとなんということでしょう!(笑)
会社の旅行積立金が一時返金されるという臨時収入が降って湧いて来たんですね。

よしゃ、おっちゃん最近ガンバッてる自分のごほーびにカメラこうたるけん、とバカ一人は勇んでお店に突撃です。

で、買ってきたのがこちら。

にこんくーるぴくす7100正面
にこんくーるぴくす7100

Nikon Coolpix7100とゆー、コンデジでございます。
いま流行りのミラーレス一眼ではございません。ミラーレスだろうがなんだろうが一眼は一眼。交換レンズに手を出して結局お手軽ではなくなってしまうような気がして、いわゆるハイエンドコンデジとゆーのにしてみました。

ハイエンドとゆー割には価格が安いのも魅力で、確かに画素数は他社ライバルハイエンドに劣ります。
画風も普通でクセもあまりありませんが、ワタシの使い方ではコレで十分過ぎるほどです。
マニュアルモードが充実してるのもウレシイハナシなのですが、果たしてそこまで使いこなせるのか甚だ疑問。
そーいう時はD100を引っ張り出せば、描写力はどうでも味だけは確保できるじゃあありませんか(笑)。
構えた感じちょっと大きめなのもガシッと握れてイイカンジです。


スペック的には28-200mmの光学7.1倍ズームがぶち込まれておりまして、フツーにおシャシン撮る程度ならば十分です。
但しFは2.8-5.6とソレナリに暗くなるので引き付ける時は注意が必要ですね。
フラッシュなんて滅多に使わないのでどーでもいいのですが、その分ISOは自分で選びたいのでマニュアル設定が出来るのは合格。もちろんシャッター優先も絞り優先もオールマニュアルも可能。
ついでに光学ファインダーまで付いてくるんですからお得です(笑)。

カメラってのはやはりファインダーで覗いて撮りたい旧ザク派なので(笑)、ナニを差し置いても覗き窓は必須なのです。でも7100の液晶もなかなかどうしてヤル気マンマンで、上90度から下90度までガシガシと稼動できるんですね。手ぶれ補正機能と相まって、これでエレクトリカルパレードはバッチリです(笑)。


で、試し撮りがこちら。
全てカメラ任せのオートで撮影。


横浜中華街 お寺さん

横浜中華街 門

中華街雑踏



横浜中華街。
この日は小雨降ったりやんだりでしたので、キラビヤカ+ちょっと陰湿な感じがしました。
こーいうほうが本場中国っぽくて、路地から聞こえる中国語がしっくりきます。
しかし、昼飯喰いにはちと遠かったです。
夕飯になってしまった(笑)。





赤レンガ倉庫 望遠端

赤レンガの庇煽り


赤レンガ倉庫。
いかにも横浜!観光!みたいでちと興ざめしますが、、(爆)。




横浜元町

元町。
敢えて日が落ちてから下からビル煽ってみました。




さて、困りました。
D100よりもちゃんと撮れるような気がします(爆)。
しかも片手で、、。

コレはシバラク楽しめそうですが、ただでさえ出番の少ないD100君が不憫でなりません。
カビが生えないようにしなければ、、(爆)。


スポンサーサイト
  1. 2012/07/24(火) 06:18:39|
  2. 間違いだらけの趣味人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<カメラを持って出掛けよう | ホーム | メルセデスな日>>

コメント

画像添付には要注意

私は以前某ビルメンで施工管理のまねごとをしておりました。その時は只で際容量がパンクしそうなパソコンが、メールの現場写真を見たら一発でパソコンが見られなくなりました。ですから、メモリーカードが名刺入れパンパンに入ってしまい、どこにしまったか忘れてしまうのですね。(爆)。デジタル一眼レフは廻送度が高いので、一旦パソコンに取り込み画像処理か又はいらないものは捨ててしまいます。そうしないとファイル探しも大変です。しかし、組長様のブログはますますきれいな画像で楽しめますね。(先日某ヤナセでC180を試乗してビビったのは内緒でございます。)トヨタのLマークつきよりもいい。)
  1. 2012/07/24(火) 22:08:38 |
  2. URL |
  3. とうてんてい #-
  4. [ 編集]

容量

さすがにブログをパンクさせるほどの画像は貼れません。
ですが、ちゃんと光学がしっかりしたカメラで撮るとピクセルを小さくしてもわりと綺麗です。
p7100、これからはドシドシ使って行きたいですね、飽きるまでは(笑)。

c180試乗、やはり驚かれましたか。
なんでしょうね、あの機械感は。
クルマという装置がちゃんと機能してるってカンジですが、操作する人間に厳しいワケでもなく、無味無臭の中にキチンと味があります。
1800のクルマにしてはお値段強烈ですが、猛烈に速いワケでもなくナニも聞こえないほど静かでもないのですがね(笑)。

トヨタのLも初期の頃よりは良く出来てると思いますが、やはりメルセデスに乗ったあとはナニか足りない気がしてなりません。
  1. 2012/07/25(水) 07:30:56 |
  2. URL |
  3. ロクノニくみちょ #-
  4. [ 編集]

組成の良い車

ベンツってW201の230E16V5MT以来のベンツ試乗でしたが、トランクすんごく広いのにまず関心
運転席シートが素晴らしい。国産とは明らかに違います。1800CCの過給エンジンのくせに、全く存在を感じません。トルクがすごくアクセルペダルに機敏に反応。車体の見切りも抜群ですね。車体の4輪がきっちり仕事してます。ヤナセでは高速もどうっぞということで、一区間試乗全くタコメータが上がりません。ATいい仕事してます。CVTのようなタイムラグ感じず、気が付いていたらあっという間にスピード上がっている感じです。このCクラスを仮に修復不可能になるまで、乗っていた方がAだのBだの買うよりよっぽどいいと感じました。
  1. 2012/07/25(水) 21:14:41 |
  2. URL |
  3. とうてんてい #-
  4. [ 編集]

10年モノ

まるで自分が褒められてるように嬉しいです(笑)。
C180はC200の廉価版としてラインナップに加えられたようですが、最近になって装備が見直されて随分とお得な仕様となってるようです。
うちがC200の購入を決めた時はC180はまだ扱いが無くて、ベーシック好きなワタシは少し残念な気分になりました。

エンジンは色気はないんですけど仕事はちゃんとします。
たった1800ccとは思えないのですけど、最近は慣れてしまってるせいか排気量このとはすっかり忘れてます。

この7速ATはホントに凄い出来だと思います。
坂道を下っていても「ここで落ちてほしいな」と思うトコロでシフトダウンしてくれます。まるで道が見えているかのようで少々不気味でもありますが(笑)。

ボディ剛性にはただただ呆れるばかりです。
片輪だけ持ち上げてもミシリとも言いません。某T社のいつかは、、とか言われていた当局御用達のアスリートとか言うグレードは、同じ姿勢を取らせるとなんとドアが開かなくなりました(爆)。

何をせずとも消耗品の交換だけで、少なくとも10年はこのままへたること無くフツーに乗れると思います。
こーいうところが流石のベンツですが、10年経ったら次に乗るクルマが逆に心配なのです(笑)。
  1. 2012/07/27(金) 13:11:04 |
  2. URL |
  3. ロクノニくみちょ #-
  4. [ 編集]

バランスの良い車

本当に道に合わせた絶妙のセッティングのATです。本日、会社の女の子にクラコンで送って行きましたが、ウクライナかロシアの車に間違われショックでした。近所にY60のADにワンオーナーで乗っておられる70歳くらいの方がおります。TD42のMTです。クロカン専門店でいじり倒される前に直接交渉で譲って頂きたいほどコンディションが良いです。友人がランクルの80や100に乗っていますがあまりよさを感じません。ハイリフトもやりすぎは馬鹿さ加減を自ら誇張しているような気がします。
  1. 2012/07/27(金) 21:34:14 |
  2. URL |
  3. とうてんてい #-
  4. [ 編集]

実家は実は

うちの父の実家は山形県の豪雪地帯にあり、冬は通行止めが多い場所です。年10回はスキーに行っていたので、1978年2代目レオーネエステートバン→1983年V151サファリハイルーフSD35tMT→1987初代パジェロハイルーフロングLXAT→1993年70プラドロングAT→1998ランドローバーディスカバリーSV8→山岳トンネルが開通。ハイオクの値段に耐えられず、2006トヨタノア4WDと乗り継いできました。豪雪地帯では正月の帰省の時は必ずクロカンでさえチーェンが必須でしたし、サーフのオーバフェン付きよりナローボディで細いタイヤで走る車が多かったです。雪国では生活4駆ですから、組長様のサファリンを見て私も所有してみたいと思いました。グレードはADです。絶対ディーゼルMTははずせません。JEEPという会社のチェロキーが以前の上司が乗っていましたが、リミデットという最高グレードでパワーシートやシートヒータや本皮シートはいらないと思いました。だったら、テラノのナローボディを買えばよかったのにと悔やまれます。チェロキーは走行中でも四駆に切り替わると自慢しておりましたが、本当になっているのかが心配です。途中から父親の車遍歴がATとなったのは、母親が運転できる車にしたかったようです。
  1. 2012/07/29(日) 00:13:34 |
  2. URL |
  3. とうてんてい #-
  4. [ 編集]

生活四駆

よく言われる言葉ですが、生活四駆って定義がじつはよく解ってません(笑)。

フツーの一般大衆FF車のリアを自力で回せるようにしただけのやつが「生活四駆」とされてるようですけど、レオーネは完全にクロカン思考でしたよ。
既にCCVと呼んでも差支えないと思います。

同時に、SUVとゆー言葉の意味もよく解らないです。
スペースユーティリティ?
だったらキャラバン、ハイエースのワンボックス車が一番ですよね(笑)。

SUVのカタチはヨンク的なトコロに端を発してる事に意味があるなら、CR-VのFFとかは納得できません。

なんかスジ通ってないですね(笑)。

  1. 2012/07/30(月) 10:01:00 |
  2. URL |
  3. ロクノニくみちょ #-
  4. [ 編集]

生活四駆ですか

こんにちは。こちら相当濃い話題で盛り上がっておりますね(笑 草葉の陰からこそっとお邪魔します。定義というものはないですが何となくわかるような気がします。雪国に住んでいると四駆でないと困るというような状況に出会うことが多々あります。物好きで雪の中に突入するのは別ですが普通に生活する上で四駆があるとスムーズに生活を送れるという使い方で乗られている車のような気がします。軽トラだろうが乗用車だろうがクロカンタイプだろうが関係なく生活に溶け込んでいる車でしょうね。いうなれば僕のもそうだと思ってます。確かにモコでも除雪が行き届いていれば何とかなりますが、すべての状況で安心して走れるのは四駆だと思います。正直な話冬場いちいちスタックしていたら動かなくなっていたら仕事になりません。山間部に行けばその要求度合いはもっと高くなるでしょうね。MT化した理由のひとつに雪道を走る上で車のコントロール性を上げるというのも有りました。おっかない思いして機械のタイミングにやきもきしながら雪道は走っていられませんから。
  1. 2012/07/30(月) 12:14:09 |
  2. URL |
  3. くろちゃん #VeThaSEI
  4. [ 編集]

なるほどですね

さすがはくろちゃんさんですね。
2駆じゃ生活できないから生活四駆なんですね。たしかにこちらかんぴょう県でも雪道のFRやFFは生活に不安を感じます。

サファリはそんな時でもほとんどFRのまま走ってしまいますが、いざとなれば前も回せる安心感は燃料費には代えがたいモノがあります(笑)。
なので、うちの大飯ぐらいも生活ヨンクって事ですね。雪が降ったら常用出動許可を貰わねば(爆)。

ただ、その生活四駆が下りのカーブで道路からWithoutしたり電柱とHagしてるのをよく見ます。
特に軽自動車とミニバン系が多いですね。
なんでも過信は禁物ですが、四駆だから登れてしまうけど無事降りられないのもどうかと。

敢えてFFをチョイスするってのも勇気だと思います。

  1. 2012/07/30(月) 14:21:03 |
  2. URL |
  3. ロクノニくみちょ #-
  4. [ 編集]

生活四駆の定義

プロペラシャフトのない四駆、スイッチ四駆、モーター四駆これら全てが2012年ポスト新燃費基準なんです。太田工場もスイッチ付き四駆を生産せざるお得ない状況もこの燃費基準が響いています。クロちゃんさんが草葉の陰から見ているように、最近チェーンの巻いている車が少ないことを嫌悪します。2駆はしょせん滑ったら対処できません。ここササニシキ県も4月までスタッドレスです。本物四駆をなくしたのは、どう考えても国です。私はVSCやTRCは信用できない人間です。
最後は人間の腕しかないのです。氷上性能はいくらいいスタットレスでも、車によりけりです。例えばFRできっかけを作ってカウンターを当てながら下るほうが安全の場合があります。友人のエスティマハイブリットはAWDにもかかわらずガードレールに接触しました。生活四駆は現行車では少ないと思います。
  1. 2012/07/31(火) 00:51:28 |
  2. URL |
  3. とうてんてい #-
  4. [ 編集]

ペラシャレス!?

いわゆる電動四駆ってヤツですね。
e-4WDという名称で日産も出してました。
トヨタはハイブリッドアシストの一環としてこのシステムを売ってますけど、路面状況の変化による制御はホントに大丈夫なのでしょうか?。
日産のe-4WDは発進だけにしか作用しないようですので論外としても、トヨタのはちょっと怖そうですね。

やはりワタシもちゃんとペラシャがリアデフへ繋がって、四輪が機械的に回ってる状況でないと急な路面変化には対応できないと思ってます。

最初から身構えて突入するのと、その時になれば作用するのでは圧倒的に安心感と安定感が違うと思うのです。

スバルの四駆は水平対向縦置きミッションから自然とのばしたペラシャに特徴があって、フリクションロスの最も少ない理想形だと言われてます。
それを国が否定するというのはちょっとどうかしてますね。優れた製品を認めない姿勢が解りません。



  1. 2012/07/31(火) 16:04:42 |
  2. URL |
  3. ロクノニくみちょ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/682-ed3a4024
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する