組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

奥三河探訪 ~あやしい寄り合いへ~ Vol.2

さてさてなんとか無事に到着したくみちょう一行ですが、会場は運動会テントがあるだけでどうやら無人ぽい。音楽は大音量で流れてるけど誰もいない?
え、場所違うとか?そんなハズは、、、あ、誰か来た。


第2話「濃いい」

「いまKさんは自宅に一度戻ってます。すぐ来ますよ」
挨拶もそこそこに最初にご挨拶を頂いたのはDEFの方。
DEF乗りの方に共通な(と勝手に思ってる)物腰穏やかで紳士な方。これがなぜかディスコになるとハチャメチャな方が多いのはなぜだろう?。
UWAZの方もやってくる。自分にとって初ワズである。ロシアンワンボックスである。興味の方が先に立ってあちこちガン見してしまった。
オーナーはお初の方なのにイロイロと質問してしまう。ワズに住まう工夫もいろいろと伺う。濃いい、濃すぎる。

一息入れて校内を散策。なるほど、ホントに小学校のまんまだ。
机や椅子、教壇までもがそのまま。もちろん生徒の掲示物もそのまま。懐かしいと言うよりは何らかの事情で先生や生徒を追い出して学校を占拠してしまった感もある。校庭に出てみると、鳴ってるオンガクの音の良さに気が付く。

とりあえず腹が減ったので何か食おうかと奥様と話していると、突然急に声を掛けられる。あやしい寄り合い主催者は、見たまんま想像通りの方だった。思った通り楽しい方でやはり濃そうだ。


運動会テントの隣に今回初導入の自立式タープを設置。風が天井から抜ける強風仕様でペグを刺さなくとも煽られない優れモノ。空きっ腹にビールは堪えるが天気がイイのと会話が楽しいのでどんどんカンが空になる。
そのうち主催者さんがホルモンを焼き始めたので、再び狂おしく腹が減り遂には御飯を炊くことに。愛用の赤いコッヘルを取り出して、いかにも小学校にありました的な流しで持参したコメを研ぐ。ここにレモン石鹸がミカン網でぶら下がっていたら完璧だと思った。

怪しい寄り合いは確かに怪しい。昼間からどんどんビールが空になるが、怪しい話は全く尽きない。ようやくお腹が満たされてご機嫌な奥様もすっかり打ち解けたようで良かったが、この人この点だけはどこへ行っても心配する必要がない。
まだ走りに行くのかどうか解らないので、とりあえずビールと言ってもノンアルを入れつつ過ごすがハードコアはなさそうなのでアルコホル入りに切り替える。
東北のミーティングだと到着後すぐに牽引とか当たり前だが、さすがに奥三河はオトナである。メンドクサイ後ろの荷台の着脱もせずに済みそうだ。

時折いい風が吹いて気持ちいい。だだっ広い校庭で飲むアルコホル入りビールは格別。このまま寝てしまいたい程ゆっくりとしたいい時間が流れている。
そのうちオンガクの話になり、ギターを持って来なかった事をちょっと後悔する。ウチを出る寸前まで迷っていたのだが、やはり持ってくるべきだった。こんないい環境でマーティンを鳴らしてみたかった。

夕方になりニーバの方が合流。オレンジのラダ。ワズといいラダニーバといい凄すぎないか?。ロシアンミーティングの様相を呈してきたけど、怪しい寄り合いなのだからヒトもクルマも怪しくて当然。
ハナシを聞けば聞くほどサファリは割とフツーだと思った。問題は乗ってるニンゲンのほうか?。

JB43の本気仕様の方も合流。我がサファリの凹みっぷりを観察して、「これは走ってますね。本気攻めしてますね。」と鋭く分析。ロングはちょっと走っただけでもこうなるとお茶を濁しておく。いや事実だし。

牧場の跡地へ行こうということになりウチのサファリも出動。でかい図体だが二人乗りなので人間運搬の役には立たない。ススキのたなびくロケーションがとても良い。跡地をオフロードコースも考えたようだが、土砂の流出で断念されたよう。
長年アレスクラーをやっていた経験上、土砂対策はホントに大変なのでそれは正解だと思った。ここはこのままがイイ。

帰路の途中、前走がわざと路肩に外して楽しんでいる。
よしオレもと後に続くかと思ったが、荷台付けっ放しだったことに気がついてやめる。リアLSDシム増しとフロントのスーパーロック4の威力を見せたかったが、それでもエアロッカーの前走車より走れる自信はないので止めておいて正解だろう。汚すならすぐ洗いなさいよと奥様からも言われたし。

夜の帳も降り始め、宴はどんどんエスカレート。イノシシの肉とシカ肉はホントにウマい。刺身もウマい。またゆず故障で食うトコロがまたイイ。
とにかく皆の話を聞いてるのが楽しい。なるほど濃いい。濃すぎる。
クルマ以外でもウンチクは尽きず、いやはや感心する。
そのうち主催の方の相方さんの歌が始まる。マジで完全プロ級だ。ヘタクソなプロも大勢知ってるが、イオンで働いてるヒトがこんなに上手いんだから君らは猛省するように。

途中ご近所さんからのジャブもあったがとても楽しい夜だった。
奥様は打ち解けるどころか、奥様連中と徒党を組みだして悪だくみの相談までしている始末。来年の参加はこれで確定したようだ。

楽しいが正直眠い。宴はまだまだ続いているがもう瞼が開かない。
申し訳ないが歯を磨いて早々にサファリに潜り込んだ。奥様も睡眠は十分なはずだが酔っぱらったのかおとなしく就寝。
堅いはずのサファリのベッドに埋まるようにして睡眠に落ちた。
ああ、なんか勿体ないと思いつつも、、、。




~Vol.3予告編~
さあて濃くて楽しいゆったりとしながらもネットリな怪しい寄り合いの真髄を堪能した一夜だったが、翌朝は負けず劣らずの凄いコトが。
サファリ試乗会や路上重整備の公開実演などなど、午前中で帰るにはあまりに惜しい出来事盛りだくさんで、次回「サファリな日」もこうご期待!。




とゆーわけで濃いいな日でございました。
なんとも美味しくて楽しい一日でした。こちらも負けじ劣らずの田舎なのでイノシシもシカも喰いますけど、こんなにウマいイノシシを食った事はありません。
味付けは塩だけ、にも驚きますが、手間暇かかった柔らかく漬け込んだシカ肉も最高でした。パルメザンチーズ焼きも美味しかったです。
ワタシと同じ同世代が集まっていたのでコアな話題も尽きず、場所は違えど同じようなことをやってるんだなと改めて思った次第です。

さて、次は最終日しかも千万町滞在はリミットは半日。
でも当然その後も組長サファリは帰宅するまで走らねばなりません。
いろいろ大変でした。では次回もまたよろしくごきげんよー。

スポンサーサイト
  1. 2012/09/18(火) 16:08:36|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<奥三河探訪 ~あやしい寄り合いへ~ Vol.3 | ホーム | 奥三河探訪記~あやしい寄り合いへ~ vol、1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/694-86f9120d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する