組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

電車にて

久々の「お下品」カテゴリーです(笑)。
このお話は若干脚色しておりますが、毎度のことながら”ほぼ事実”でございます(爆)。

最近は随分と涼しくなってきまして、過ごしやすい気候すら超えて肌寒いぐらいな栃木県北ですが、周りの生活環境はまだ夏だったりとゆー理不尽もあります。
特に衣替えで9月一杯まで半袖夏服で過ごせよとゆーのは、ココではちと酷な状況でもあるのです。
同じようにエアコンの使用状況ですが、こんなに涼しいのにガンガン冷やしていたりしてそりゃいったい何のサービスだ?と神経を疑うモノもありまして、今日はそんな電車内でのお話です。

先日、電車で西那須野駅まで行く用事がありまして、宇都宮駅から下り東北本線普通列車に飛び乗りました。発車時刻ギリギリで、まさに飛び乗ったという表現がふさわしい時間的ロスの無い、まっこと素晴らしい乗車ではございましたが別に狙ったワケではなく、たまたま発車間際のヤツに間に合っちゃったというコトでございます。

駅に着いたらイロイロとやりたいことはあったのですが、そのイロイロの中にトイレも入っておりました。
さあ、下品の世界が始まりますよ(笑)。

もちろん策略はあったのです。中距離電車なので車内には必ずトイレがあるのです。
特に心配せずとも良いワケなのです。ふつうは、、。
駅を出るとすぐにトイレのある車両へ移動します。ちょっと古い型の5両編成なのでトイレはこの1台でしかも男女兼用。午後も遅い時間ですが土曜というコトで車内は比較的空いています。ガラガラと言ってもいいぐらいで、トイレ付近の席も空いておりました。
宇都宮線は未だにこのボックス席という向かい合わせに座るジープの後席タイプがあって、空いていればソレナリに快適ではあります。ただちょっと冷房が効き過ぎで爽やかを通り越して寒いぐらいではありました。
取り敢えずまだまだ下腹部リミットにはまるで至らずで、しかもトイレの近くという安心感からか逆に尿意便意は納まっていくという安息の地法則にて、ボックスの一つを占領してワタシはまず読書から始めてしまったのです。思えばこれが敗因の第一歩でございました。

フト気が付くとすっかり寝込んでしまっていて本は膝の上にて微妙なバランスを保って落下を免れており、ワタシの斜め前には25~35歳ぐらいのリクルートスーツの女性が座っておりました。
土曜なのに大変です。商談なのでしょうかそれとも営業でしょうか?にしても電車で移動とは珍しいなあと思いつつも徐々に意識が目覚めていく自分を感じながら、もう一つの危険な感覚に気付いてしまったのです。
しまっ、、、、た、、うんこ、、、したい、、、、じゃないか。(爆)

トイレに行こうと見上げると、表示は使用中。
(え、マジかよ、、でもまだ大丈夫だ大丈夫。お前はこんな我慢が出来ないヤツではないぞ)、と自分に言い聞かせて暫し固まるとします。
よく見ると結構人が乗り込んだのか、周りに乗客が増えているではないですか。

軽い非常事態ではありますが平静を装うのは常套手段。先程見ていた本などをパラパラとしながらも中身などは全く頭に入らず、ただただ文字を目で追うのみ。
ふと「ガチャ」というトイレの扉が開く音が、、、。ハッと顔を上げるとザビエル型のオッサンが天国のブースから出ていく様が見えました。

「ヨシ!」と腰を上げようとすると、その斜め向かいの女性が先にスッと立ち上がり、良い香りをさせながらトイレ方面へスタスタと歩いていくではありませんか!。
すっかり遅れを取ったワタシですが、彼女もヒタスラ我慢していたのだと思うとなにかアツいモノがこみ上げて来てココロの中でも責める気にはなりません。

(まだまだあ!)わりと我慢に気合いが必要になってきました。とりあえず尿意だけでもなんとかしたいのですが、グリーン車が外されてるので男子用小便器の用意はありません。
あの一個のトビラに全てを賭けるしかないのです!。しかし、、、、長げえよねーちゃん、、、。

「カチャ、、」と待望の音がします。先程の女性がトイレから出現しました。さあ、今度こそ自分の番!。
(しかしまてよ、こんなキレイな女性の後にすかさず入るってのもどーなのよ?まるで変態さんみたいじゃねーかオレ。しかもどーみてもこのスパンの長さはウン、、、まさに変態この上も無いほどじゃねーか?)
気持ちに揺らぎが生じます。危機はすぐそこに迫っているのに、プライドが行く手の邪魔をします。
リクス―の女性は先程と同じようにワタシの斜め前の椅子に座り、ナニゴトもなかったかのようにスマホを弄り始めました。

トイレは今完全にフリーな状態です。チャンスなのです!。(どうした!行かないのかオレ!)。
しかしリクス―子さんが出てきてから1分も経ってません。今入ればまさに変態まっしぐら、、、でもココで全てをぶちまけてしまう事はまさに変態の上塗り、、、やるならいましかね~(BY黒板五郎)と、僅かなプライドをかなぐり捨てて今まさにワタシはヤマト発進!なワケで父さん僕は(尿意と便意で意識混濁中)。
と、次の瞬間、先ほどのオッサンが再びヘブンズドアを開けやがって天国に入り込んでるじゃあありませんか?!!
(あ?ぶっ殺すぞクソオヤジてめー引きずり出してギタギタにしたるコラおもてへ出ろテメ早くしねーとオレが死んじゃうぞこりゃ、、、)
しかもきっとブース内部をくまなく嗅いでるんです。チックショウ変態豚野郎はアイツだったんです。
(ああ、君犯されちゃったね、、、ごめんね守ってあげられなくて、、、)と先程の自分の事など棚の一番奥へ押し込んでリクス―子をチラ見しつつ、我が下腹部は先程にも増して激しい波に翻弄され続けているのです。

そのうち駅が近づいてきて電車が減速を始めました。
ここでまた選択肢が増えました。そうです。途中下車して駅の便所を使うという作戦もある筈です。
しかも矢板駅、ホームには多機能トイレがあるハズなのです。
但し、現在のこの状況では長いホームを歩く事は大変危険。まさに決壊寸前の括約筋で僅かな油断は即、死に繋がりかねません。過去の我が括約筋活躍の経験上、歩く、という行為は必ず20歩以内に収めたい、、、さてこの車輌の停車位置はどこなのでしょう?おお神よ。
神などに真剣に祈ったことなどないくせに、こんな時だけ都合が良いワタシですがこの際すがれるモノは何にだってすがっちゃうのは致し方の無いことなのです。

電車の窓からホーム構造物が見えます。
この分ではトイレは停車位置とかなり近いと思われ、まずは神への祈り一個クリア。
すかざす、でも慎重にゆっくりと椅子を立ちます。ようやくパンパンのヤマトは発進なのです。
さりげなく無言でリクス―子に別れを告げます。(君を嗅げなかったコトが少々心残りだが、オレはココで旅立つぜ)。
なぜか無駄にハードボイルドですが、ホントに煮えたぎってるのは己の下腹部。
この時点でワタシのココロはホームのトイレと決まってました。

その時、急にヘブンズドアが開いてオヤジが登場。
(嗅いだね、嗅ぎまくったね、、、今度会ったら絶対に半殺しから8分殺しの間で3日は彷徨わせてやるからね、、、)。
既に我が身体はドアの前、しかし今、現実問題として電車のトイレに入る事も可能なのです。
停車中の利用は出来ない等は科学が進んであり得ないコトになりましたので、またもやこの時点で選択を迫られます。
(確かにホームを歩くよりは近い、、、しかしオヤジの直後はイヤだ、、、先ほどとは別の意味で許せない、、、けどそんな事も言ってられない、、、電車で済ませればホームに降りる事もなく、次の電車を待つこともない、、、メリットはあるがしかし、、。)

やはりホームの便所で致すこととして、開くボタンを押してドアを開けます。
ローカル線は自分でスイッチを操作しないとドアが開かないのです。ホームに出たとたん、グリュリュっと古いディーゼルの排気ブレーキの様な音が振動とともに身体を伝わりました。
過去最大の危機に思わず歩みを止めてしまったワタシ、、、ホームのトイレまで15歩強が国後島のように遠いのです。

ソコでワタシが取った行動は自分でも驚くモノでした。
すかさず再び電車に乗り込んで先程まであれほど翻弄され続けたヘブンズドアを自ら開け放ったのです。そして極力静かに扉を閉め、取って返し素早くステージに上がりズボンを下ろすもなんとパンツが取り残されたままではないですか!。思えば和式も久々なので戸惑いもあったのか、中腰の姿勢のまま、その、パンツを下げる瞬間と迸る瞬間がほぼ同時!。しかもキンキンに圧の掛かった前方の「ちくわ」が引っ掛かったまま大放水が始まってしまうというまさに三重苦の有様を露呈してしまったのです!。

やっちまった、、、ついにやっちまった、、、社会的地位もなにもかも失ってしまった、、、。
せめてもの救いは人目にさらされること無く、密室にてコトが運ばれただけだ、、、。

しかしもう後戻りはできません。
取り敢えずしゃがみ込みとにかく溜まりに溜まったエネルギーを開放すべく、恨みを込めてJRの便器に叩き込みます。さすがの解放感ですが、無傷とはいかなかった我の未熟さに奥場を噛みしめ涙しました。

一段落して被害状況を観察します。
まず、ズボンは汚染を逃れたようです。ホッとしました。半ズボンだったのが功を奏したうようです。
パンツも泥水及び固形物については難を逃れましたが、前方「ちくわ」の予期せぬ事故と予定より早い放水により中央から下方に向かって激しい水流に揉まれた跡があり、どうやら今後の使用には耐えられそうにありません。
とにかくこれ以上被害を広げないためにもパンツとズボンは距離を置くコトとし、まずは最後まで何もかも吐き出すことに専念します。
ガタン!と言う振動とともに電車も動き始めました。

ここである事に気付いたんです。JRの列車トイレには備え付けの紙がないんです。ないはずなんです。
でもココには目の前に堂々と箱ティッシュがドンと置かれているではありませんか。
実はワタシが持っていたのはウエストバッグに入っていたポケットティシュの残り4枚のみだったのです。その驚愕の事実に自ら恐怖しましたが、たった4枚で勝負を挑んだ自分の愚かさに再び首を項垂れる始末。
(誰だろう?リクス―?いや違うなまさかあんなキレイな人が箱ティッシュ持ち歩かねーよな?あのオヤジか!?神はあのオヤジだったのか!おお、アリガタイ!一度でも変態扱いしたこと心から詫びるとするよ)。

そのティッシュで静かに己の排出口を拭き、スッと便器を跨いで立ったワタシはもう先程までの負け犬ではありません。
(こんなにも皆が応援してくれているのだ。証拠にティッシュまで授けてくれたのだ。一度や二度の過ちなんて気にしない。そうだ、前向きに生きるのだ。パンツなんて飾りだ。偉い人には解らんのです!)と少々錯乱気味に鮮やかにパンツを脱ぎすて無事だった半ズボンを改めて通し、挟まぬようチャックをキッと上げてコトの終焉に向かったのです。

犠牲となったパンツはフリスクを買った時に貰ったコンビニ袋(小)にて厳重に密閉し、後日鑑識(洗濯)へ回して笑われるとします。
晴々しくヘブンズドアを開け放ち、先程座った席に戻ります。神オヤジは既にその姿はなく、本当にヤツは神だったのかと少々畏怖すること暫し、今生の別れを告げたはずのリクス―子はナニゴトもなかったようにスマホを弄っておりました。
時折下を向いて笑いを堪えている風だったのは、きっとワタシの何かしらの「負い目」がそのように感じさせてるだけだったと無理に思うようにします。

西那須野駅へ列車は到着しました。ワタシは下半身が少々涼しい思いでホームに降り立ちます。
リクス―子は降りませんでした。きっと終点の黒磯まで行くのでしょう。

今、万感の思いを込めて、列車は去って行きました。
思わず合掌せずにはいられない赤いランプを曳いて、、、、。


スポンサーサイト
  1. 2012/09/27(木) 15:14:28|
  2. お下品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<尼崎へ | ホーム | 第2回サファリの昨日美展、那須ミーティング及び組長弐号機腑分け会開催の件 -3>>

コメント

映画化の予定は?
うんちの話しってどーして楽しいんでしょ(笑)
  1. 2012/09/28(金) 11:06:52 |
  2. URL |
  3. B.K #-
  4. [ 編集]

当て逃げくらいました。

以前後方確認不注意でぶつけたので、広めの駐車場のショッピングセンターで角地で荷物の積み下ろしと簡単に考えてました。ところが、レジを出て袋詰め終わりさあ帰ろうと思った瞬間、トヨタのアルファー度がぶつけて逃げて行くのを見ました。走ってナンバー確認しようとしたら、こけてしまい、確認できません。哀れコンフォートは左リアテールが粉々でバンパーはきれいな二分割になっていました。トヨタさんお願いです。アールファードやベルファイヤーはアホなヤンキーしか買わないので、全部買い取りしてもらえませんか。割り込みや運転マナーの悪い車の代名詞です。その代わりラクティスに乗り換えましょう。
  1. 2012/10/01(月) 21:56:10 |
  2. URL |
  3. とうてんてい #-
  4. [ 編集]

ハリウッドで、ですか?

B.Kさんの財力の後ろ盾があればハリウッド映画も夢じゃない?(笑)。
しかし、うんちですから(爆)。
  1. 2012/10/02(火) 07:16:06 |
  2. URL |
  3. ロクノニくみちょ #-
  4. [ 編集]

ヒドイですねえ

当て逃げですか!
そんな卑劣な悪漢がまだいるんですね。
ワタシも軽井沢でイタズラされた時もアルファードでした。
アレはバカ専用車ですか?(笑)。

コンフォートもけっこうやられましたね。せめてナンバーの末尾だけでも確認できれば良かったのですが、、、。

  1. 2012/10/02(火) 07:20:35 |
  2. URL |
  3. ロクノニくみちょ #-
  4. [ 編集]

特徴は覚えてます

追突(衝突)したアルファードは今時ナンバーカバーをつけて17インチで純正ハーフエアロで気持ちシャコタンエンブレムレスでVのマークのみでした。おーマリンはさすがに板金しないと走れないくらい当たっているので犯人は検挙してますの一点張りですが、果たして検挙できるでしょうか?人身事故でもない単なる物損事故で真剣に捜査するとは考えにくいです。尼崎お疲れさまでした。ベンちゃん優秀ですね。アコードもクルーズコントロール付いてますが、さすがに180kmまでは使えず115kmまでです。さすがドイツ車ですね。
  1. 2012/10/02(火) 21:05:18 |
  2. URL |
  3. とうてんてい #-
  4. [ 編集]

訊いてくれるだけでも

ケーサツはいたってそんなもんですけど、聞いてくれるだけマシかも知れません。
物損の場合門前払いされかねません。
知り合いのオデッセイが車庫から抜かれた時も、「あー残念だったね絶対出てこないね」とあっさり言ってました。
とにかく詳しい特徴をつかんでいたのは流石です。なんとか検挙に繋げていきたいですね。

ベンツのクルーズコントロールはオカシイです(笑)。在る意味危ないとも言えます。
大きな声では言えませんが、120~130ぐらいの設定がこの辺りの高速では一番楽チンです。
クルマ的に一番気持ちよく走ってるのは160ぐらいですかね(爆)。
  1. 2012/10/03(水) 07:31:59 |
  2. URL |
  3. ロクノニくみちょ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/698-9692e2e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する