組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

外国のヒト

先日浅草に行った時のことです。
天丼食って満足して仲見世を歩いていた時のですが、お土産屋の刀ってホントに売れるのかどうかを電柱の裏に隠れて見ていたら(違)イキナリ外国の女性の方に話しかけられました(笑)。
相当にたどたどしい日本語で、
「あ~日光から京都、行く。」

ん?行ってくりゃい~じゃんそんなの。いちいちオレに報告しなくても??

「A good trip. But "KYOTO" is far from "NIKKOU" . Take care.」

と言いつつ立ち去ろうとしたのですが、 なんだか急にスペイン語?みたいなコトバでまくし立てられ腕は掴まれトニカク状況はかなり風雲急を告げ不穏な気配になってしまったのです。

「○×▽○×▽!□□××▽○××!、、、、、、、(本気で何だか解らぬ)」

そうするとお土産屋の奥よりおばあちゃん登場。
ゆらりと現れたこのばあちゃん、コスプレかと思うほどまさに昭和の原風景ソノモノの風情でまさに「ザ、日本」なシロモノなのです(笑)。

「あれあれフランス語だねえ。どれどれ、、え~っと、、
Est-ce qu'il est troublé par n'importe quoi?
Par moi, si bon, il sera entendu. 」
(何か困ってるの?私で良ければ聞くよ)
(注)フランス語が合ってるかどうかは知りません。翻訳ソフトです。


ワタシは驚愕です!!え!ばーちゃんスゲエ!。

「このぐらい喋れないとココで商売なんてできないよ」とさらりと言うばあちゃんなのです。
いやはや、浅草スゴ過ぎだから。

ばーちゃんに聞くところによるとこのフランス姉ちゃん、
「激安ツアーで日本に来たけど成田で待ってる筈のフランス人ガイドは行方不明でなんとか浅草まで自力で来たがホテルも解らずどうしたらいいか解らないので次の目的地である日光に行き最終的には京都へ行くつもりだ、どうだまいったか」というコトらしいのです(笑)。

どこまで日本の知識があるか解りませんが、なんとなく理解するには「浅草のちょっと先に日光があって、京都へは地下鉄で何駅か乗らねばならない」、とゆー地理感覚のようです(笑)。
かな~りヤバめのツーリストなのは確実に解りました(爆)。

取り敢えず土産屋ばーちゃんの指示にて「浅草文化観光センター」に連行することにしました。
「あんたらもなんかの縁だと思って連れてっておやりなさい。くけけけ。」
と、トラディショナル&バイリンガル(トリリンガル?それ以上?)なばあちゃんは秘密結社の幹部のように笑うのです。

実は本日2回目の観光センター(笑)。
ほんの小1時間前におトイレに立ち寄ったばかりです。
連行するその間も当然会話は噛み合いません。

「There was a grandmother whom French understands and it was good.
The place which will go from now on is a traveler's ally.
Please feel easy.
Although I am sorry, we go home from there. 」
(フランス語が解るばあさんがいて良かったね。これから行くとこは旅行者の味方だから。
 そんでオレらはそっから帰るから)

「○×▽○×▽!□□××▽○××!、、、、、、、」

ん~、日本にくるならばせめて英語ぐらいはさあ、、。
つーか、オレ、フランス語ってなんでこんなにワカンネーんだろ?(笑)。


とゆーわけでこの後、無事引き渡しが完了。
1時間前に流暢な英語でガイドしていた埼玉顔のインフォメーションのお姉さんは、今度は流暢な(解らないけど)フランス語でペラペラと対応し始めました。
なんだか浅草ってみんな凄いぞ!(笑)。


ワタシ的にこの件は落着しましたが、その後おフランスの彼女の運命はどうなったのでしょう?
解りませんが想像するに、まあ、日光や京都には行けなかっただろうなとは思うのです(爆)。

しかしコレもお国柄なのか何なのか解りませんが、うら若き(と思う)女性がアクシデントで一人見知らぬ土地に迷い込んで、言葉も何も通じないのにとにかく日光だ京都とだとガシガシ前進しようとしてるなんて何だかものすごいバイタリティを感じました。
日本人ならばきっとその場に立ち尽くして無事に帰ることしか考えないでしょうね。


その後銀座線に揺られながらふと思ったのですが、おフランス子はもしかして既に成田での集合場所であっさり間違ったんじゃねーかな?と(笑)。
だって他のツアー客だっているでしょうに、そんなのお構いなしなんてオカシイでしょ。
おフランス版の自分勝手過ぎなDQN子だったのかもです(爆)。



スポンサーサイト
  1. 2013/02/25(月) 13:57:52|
  2. オデカケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<免許がない! | ホーム | 天丼>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/719-710959a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する