組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

DXにフィルムを貼る

窓が素通しでクリーンなイメージのDX君ですが、やはり防犯やプライバシー(笑、なぜ笑う?)にはあまり宜しくなく、しかもこれからやってくるであろうデブ大敵の”夏”を快適に過ごすためにも(笑)、窓ガラスに透過率の低いフィルムを貼ってみました。

しかしいくらなんでも893君たちのメルセデスのように法規を無視した貼り方はしませんで、あくまでリア周りのみでゴザイマス。
ちなみにフィリピンはフロントガラスにまでスモーク貼って走ってますね。
日本よりも夜が暗いので、夜間の送迎バスはすんげえ怖いです(笑)。

この時期に施工するのは、暑い夏本番に作業するとニンゲン的にヤバいのが前のランサー君フィルム貼りで実証されました。フィルム的には多少伸びて綺麗に晴れるかもしれませんが、その前に三途の一級河川を渡河してしまいます(笑)。
せっかく涼しく過ごそうとフィルムを貼っても、何にも感じなくなっちゃうのは本末転倒(爆)。
なので季節の良い時に施工するのがフィルムDIYの基本ですね。

してそのフィルムですが、今回は横着にも「車種別カット済みフィルム」とゆーのを買ってみました。

ゼンポー
↑というネットショップで買ったワケですが、、、。


まあ結論は急がずにまずは作業手順のご紹介からですね。

とはいってもこのページをわざわざ見に来る物好きな猛者の皆様に、いちいちフィルム施工のご紹介なぞまさに釈迦に説法でございます。
しかし説法を必要とする釈迦もいるんじゃねーかと思い、一応流れを紹介しておきます(笑)。

まず、ウチのDXは実は素通しガラスではございませんで、薄~い色のフィルムが既に施工されておりました。
殆ど解らぬぐらい綺麗に貼られておりますが、やはり傷や破れはソレなりにあります。
剥がすか?それともこの上から貼っちゃうか?の選択になりますが、やはり上記のコトもあるので手間ですが剥がすことに。
傷の上に貼ってしまうとかなり目立ってしまいますからね。

1元々のフィルムを剥がす

コツは無理矢理引っ張るのではなく、ゆっくり持ち上げるように剥がしていくことです。
剥離面に散水しながら剥がしますが、片手でスプレー、片手でフィルムを剥がしていくのは結構重労働(笑)。
しかし思ったよりもチギレたりせず、案外素直に剥がれてくれたのはラッキーでした。
超安物のフィルムを貼ると僅かな経年劣化でもカパカパに固形化して、もはや剥がすどころではなくなってしまうのです。


ソレでも接着成分が残ったり、一部剥がれなかったりするところが出てきます。

2うまく剥がれず残った痕

指で触るとベタベタします。もうコレを撤去するとなるとケミカルのパワーを借りなくてはなりませんが、次に新品を貼るワケですからあまり強いモノは避けたいトコロ。
なのでワタシはコレを使ってます。

4剥離にはコレを使います

会社のおトイレから拝借してきました(爆)。
コイツをシュッシュと散布して、2~3秒待ちます。そして、、、。

5スクレパーで地道作業

柔らかくなったところを素早く金属スクレパーでコソゲ落してしまいます。
揮発も早いので手早くやらねばいけません。

リアの観音ドア右にはハイマウントストップランプが着いてますので、剥がす前にバラしておきます。
熱線のコネクタも抜いて、スプレーの水が入らぬようにテープを貼って養生しておきましょう。


7熱線を切らないように

ついでに熱線の切れなども確認しておきます。
滅多にも使わない装備ですが、「使えない」のと「使わない」のではかなり違います(笑)。



6フィルムの残骸

全部剥がし終えました。
リア窓左右と三角窓左右、荷台の窓左右とリア観音左右、しめてジャスト2時間の労働でした(笑)。
残骸からは腐ったインクのような怪しい臭いがしております。



さて、次からは新しいフィルムの施工ですが、時間との闘いなので写真なぞ撮ってる暇はありません。

中性洗剤を薄めた溶液を予め作っておきます。ワタシは2L入りの容器に2回ピュピュッとする程度。
洗車するほどの濃さは必要ありません。
まずはソレをシュッシュしてゴムスクレパーで窓をキレイキレイにします。
雑巾やティシュ等は使ってはいけません。繊維が残ってしまうからですね。

フィルムを取り出しまして、台紙を下にボディなどに借り貼りしておきます。
濡らしておけば引っ付いてくれますが、屋外作業であればくれぐれも無風時にやりましょうね(笑)。
風が少しでもあるとせっかくの新品がクシャクシャになってしまいます。
どれくらいの無風かといえば、初心者が初めてラジコン飛行機を飛ばすぐらいの無風が必要です。
解り辛いなあ(笑)。

台紙(セパレーターともいう)からフィルムを剥がしますが、この時も常にスプレー攻撃をヤメテはいけません。
とにかくベチャベチャに濡らすことがキモなのです。
濡れていればフィルムの接着面が合わさってしまっても、引っ付いて難儀することはありません。

窓にもこれでもかっていうぐらいに散水をしておきまして、フィルムをべチャリと貼りつけます。
カット済みなのでちゃんと寸法が出てるのだと信じ切っておりましたが、角のRは違うし全体にデカい、、、。

フィルムをシゴくのはプラスチックヘラを使います。中央から端へとシゴいて水を抜きます。
が、フィルムがデカいのでこれでは端っこが折れてしまって水が抜けません。
適当にシゴいた後にカット作業が必要です。

カッターをゴムトリップを定規にしながらフィルムに入れていきますが、まだ切る対象がちゃんと固定されていないのでムズカシイのなんの。このあたりで美麗施工を諦め通常モードに(笑)。

そんなこんなで独り言文句を言いながらリアドアと荷台を貼り終えて、風が強くなってきたのと日も暮れそうだったので今日の作業はココまでとします。長い昼休みが終了したとも言いますが(爆)。
残りはリア観音の2枚だけなので、チョロイもんでしょう。


あけて次の日、お日柄も宜しく作業の続きにはベストな状況でしたが、午後からは雨が降るかもという天気予報に追い立てられ、遺憾ながら午前中早くからお昼休みを頂くコトに(爆)。

しかし、一晩明けた現車を見た瞬間にガックリです(悲)。

なんとアレだけ丁寧に抜いたと思っていた気泡は復活してるし、きちんと押さえた筈の端は剥がれてるし、得体のしれないスジは入ってるし、、、長いフィルム貼りDIY人生でもこんなのは初めてです。
やはり一番安いフィルムだったからかなあ、、、カット済みで安いって、やっぱりモンダイあるからだよなあ、、、。

気を取り直して残りの施工に取り掛かりますが、なんと今度は台紙からフィルムがウマく剥がれないではないですか!。
ちゃんと昨日と同じように散水しながら剥がしていくのですが、どーいうわけか一部が台紙に残ってしまうのです。
製品不良なんでしょうか?保管が悪かった?いや段ボール箱から出てないし、、、。
やっぱり考えられるのは、一番安いフィルムだったってコトなんでしょうか。
この上のグレードを買っておけばよかったのだろうか?まさに安物買いのってヤツですね。
最近このパターン多いなあ。みんな貧乏がいけないんだな(笑)。

しかしもう貼らないわけにはいかないので、エイヤッと窓に置いてシゴいてしまいます。
外から見る分にはそんなに目立つわけではないのですが、中から見れば何か角の尖った荷物でもヒットした?という風情に泣けてきます。
まあいずれは傷になるものですからしょうがないとしても、新品の傷物を貼るこの虚しさ(笑)。
貼ってしまったので返品も効きません。
もっとも店に文句言ったところで、安物を買った自分が一番悪いのです。


9左側完了


10右側完了


11余計に長くなったか?


とりあえず完成です。
サブ局では「悪の現金輸送車」と呼ばれております(笑)。

透過率5パーセントはかなり暗いですね。
貨物登録特有の窓バーすら全く見えません。
内側からの視界ですが、昼間は問題はなくとも夜間は苦労しそうです。
でも当初の予定通り中の荷物も見えないし涼しそうだし、5m離れれば傷も気泡も見えないし(笑)。
取り敢えずコレでいっか(爆)。


カーフィルム、くれぐれも安物だけは買っちゃダメですね。
あとY60サファリ用だけかもですが、カット済みもあまり意味はないようです。
これならいつものように巻物を買ってきて、外から自分で採寸したほうが綺麗に納まったような気がします。
いやあ、反省反省←でもすぐ忘れる(笑)。



スポンサーサイト
  1. 2014/04/03(木) 11:13:26|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<2014花見 | ホーム | 2014伊豆>>

コメント

黒いねぇ(笑)

ん~んっ、フィルム貼るのは良いけど・・・透過率5%って、極悪ですぜ(爆)
サファリはフィルム貼りやすいのに、後から気泡やら傷やらが出てくるなんて納得できないねぇ。。。
  1. 2014/04/06(日) 10:17:08 |
  2. URL |
  3. ふぃるむ・・・@アツギ #-
  4. [ 編集]

嘘つきクロスオーバー

アコードの車検代24万かかるというのでびっくりっしました。21年で走行23000kmで、ブーツ系全てダメだそうです。ショックですが、仕方ありません。上司がクロスゴルフに乗っているのですが、FFです。うちの父もトヨタ教にやられて新車のPを買いました。もうCCVは日本車や輸入車から消えました。現在初代ディスコのMTを探しています。もちディーゼルで。最近のクロカンはスモーク標準ですから。トヨタ教おそるべし。
  1. 2014/04/07(月) 00:51:01 |
  2. URL |
  3. とうてんてい #-
  4. [ 編集]

極悪サファリ

透過率5パーセントは良いカンジで極悪です(笑)。
外からは全く見えません。
中からも夜はかなり怪しいです。
特装のメクラバンに乗ってるカンジ?(笑)。

フィルムは安いのはダメだねえ。
サファリ程のガラスでも次の日に気泡や剥がれがでちゃう。
全く平面ガラスであれば問題はないのかな?。

  1. 2014/04/07(月) 09:23:34 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/777-abf9b10f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する