組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

集中ドアロック取付かんりょー

いやあ久しぶりのサファリカテゴリーですね(笑)。
最近はみんカラサブ局がそーいう発表の場になってしまって、こちらでのクルマネタご披露は御無沙汰でした。
いかんなあと反省しつつも、まあ暫くはこの方式になるでしょう(爆)。
みんカラは誹謗中傷も多いケド、やっぱり反響が良いしなあ~(笑)。

つーことでタイトル「集中ドアロック」なのですが、DXにはそんな高級装備が付いてるハズもありません。
普段からそーいう「ユル車」(みかつ氏命名)に乗り慣れてる我々には問題はありませんが、奥様をはじめたまに乗る方には集中ドアロックは「当然」の装備のようです。
なので安物の後付けキットを付けてみた次第、とゆーわけです。

ちなみにこのプロジェクト(笑)、5カ月かかってます(笑)。
殆どが放置プレイでしたが(爆)。

1買ってみた

ブツはこんなもんを仕入れました。
もう春の頃の出来事なので、お値段その他は忘れましたがかな~りお安かったような記憶があります。
もちろん日本製、などではありませぬ(爆)。

2箱開けてみた

箱をあけると、きちんとトリガーが4つ入っていました(笑)。
中身はそのトリガーとコントローラー、ハーネスの束とリモコン2個です。

さてではまず、そのトリガーと施解錠ロッドのリンケージからの作業となります。
とにかくY60系サファリは元の160系ボディのまんまですので、室内を少しでも広くする為ドアはヒジョーに薄く作られてます。
後付けのスピーカも奥行きで苦労するのですが、ロックトリガーの場所取りもなかなか大変。

3こんな感じか

最大公約数的にこのあたりが最適でしょう。
本来なればもっと施錠棒にたいして垂直がイイのでしょうが、手は入らねーしリンケージは困難きわめて不可能だし腹は減るし蚊に刺されるし(爆)で、この位置に決定(笑)。

4ギリギリ当たらない
窓の上下枠にもギリギリ当たりません。
あと少しトリガーがデカかったら、と思うとゾッとします(笑)。

6ちょっとななめだが
リンケージしてみました。少々斜めアプローチですが特に動きには問題ないようです。
トリガーのストロークもオッケー。手動の施解錠も重くなってません。

フロント側はこれでヨシですな。
大問題もなくトリガーが取付られました。

さて、どうにも困ったのがリアドアです。

7後ろはかなりヤバいな
純正のドアロックトリガーは戸先の下の方にツイテいます。うちのTBで確認済み(笑)。
がしかし、どう考えてもそこへ後付けトリガーを付けるのはタイヘンですし、リンケージがかなり不可能なカンジ。
純正はドア袋の内側で全部済ませてるのですが、後付けにソレは無理ってもんです。

8納めるところがない
なのでトリガーを納めるトコロと言えば、まあこんな場所ぐらいしかないわけです。
問題はトリガーがドア袋内になるのに、結ぶべき施錠ロッドが露出でついてるコト、、。

10このあたりを切るビル
なのでトリガーは納まってもリンケージロッドと施錠ロッドを接続させねばなりませんので、このアタリに窓を開けます。

11こーいう道具でキルだよ
じゃん、新兵器(笑)。
ぱらららっぱぱ~「サンダーの刃も咥えられるドリル~っ!」

12まずは線を
まず、施錠ロッドに並行に2本切り込みを入れます。
間違ってもロッドを切ってはイケマセン(笑)。
緊張に手元が震えますが、酒の切れたアル中ではありません(爆)。

14穴を開けていく
続いて新兵器の先っぽをドリルに付け替えて、短い辺と戦っていきます。
やはりロッドに穴をあけてはイケマセン(笑)。

15毟り取って穴開けかんりょう
最後はラジペンで毟り取って開口部施工完了(笑)。
長細く開けたのはリンケージの接続部分のストロークを見越してですが、果たしてどうでしょうか?

17リンケージロッドを加工
リンケージロッドを加工します。
ラジコン飛行機のサーボリンケージを思い出します。


18トリガーを仕込む
その端っこをトリガーに取付けてから、本体を固定します。
本体を固定してからではリンケージロッドを通すことが出来ません。

19施錠ロッドに接続

先程開けた窓より、施錠ロッドと接続します。
思った通り、ウマくいきました(笑)。
指で動かしてみますが、とりあえず変な固着感もなくスコスコと動きます。
トリガーのストロークも問題ないようですね。

24本日の戦利品
摘出された戦利品(笑)。


さて、それでは続いて配線編ですが、上記までがなんと5月前半あたりの出来事(笑)。
で、配線作業はつい先日と言う面白さです(笑)。
その間、熟成と言う名の放置プレイ(爆)。
いや夏場になんか作業するもんでないよ熱中症で倒れるだべさ(笑)。

気を取り直して、まずはフロントドアの配線です。
キットに入ってるハーネスをビロンと拡げてみます。
運転席のトリガーに行くラインが5本。
各扉のトリガーに行くラインが2本。
と、系統別に仕分けしてありました。
安物の割には案外丁寧なハーネスです。

25 配線はじめ
久しぶりにみる”内張りを剥がしたドアの内側”です(笑)。
配線作業は特に難しいトコロは無いのですが、ボディとドアの渡り部分をどうするかがほぼ全て。
DXと言えど、この年式はナゼか電動ドアミラーが付いてるので、フロントはコントロール用のハーネスが通っています。
かなり太いし線もたくさん入ってるので、たぶん電動窓仕様と同じハーネスなんでしょうね。
証拠に両端にはデカいカプラーがプラプラ遊んでます(笑)。

26配線とちう
ドアの通線穴を潜ると、ちょうどヒューズボックスの上に出てきます。
集中ドアロックの配線などにあまり余裕がないため、必然的にこのあたりにコントローラーが付くようになるでしょう。
電源もヒューズボックスから取り出す様に、こんな飛び道具(笑)を用意してみました。

E531_M.jpg
ぱらららっぱら~「平型ヒューズ電源!」(笑)。
ヒューズからいきなり12V電源が取り出せるというスグレモノです。
ドアロックはその性格上、どうしても常時12Vが出てるトコロより電源を取らなくてはなりません。
ACCなんかに結線した日にゃあ、かなりザンネンな装置となりそうで笑えますがね(笑)。

27グロメットのぶぶん
とりあえず先のことより目先の配線通しです(笑)。
運転席側の電動ミラーは諸事情により使えませんので(爆)、ハーネスを取っ払った後にドアロックの配線を通します。
5本の配線に対して手持ちのコルゲートチューブがちょっと細かったですが、くみちょう選手頑張りました(笑)。

運転席側はなんとかコレニテ一件落着したのですが、思わぬ伏兵が助手席側に潜んでおりました。
こちらは空調ユニットが迫ってきていて、ボディ側に配線を通す余裕がありません。

29四苦八苦

なんとか四苦八苦中ですが、こんな時に便利な新兵器がまたまた登場です!(笑)。

配線通し
ぱらららっぱ、、、もうメンドクサ(爆)。エーモンの「配線通し君」です(笑)。

パンツのゴム通しのような要領で、先っぽに線を加えて狭いトコロを通しますればあら不思議(笑)、スルスルスルッと通線出来てなんと便利なことよのう、とお殿様もビツクリの便利グッツにゴザイマス。

とアレコレを駆使しつつ、何とか左ボディ側グロメットに辿り着きました。
しかしワタシは一つ大きな決断を迫られております。
右側は電動ミラーが諸事情(笑)により死んでましたのでハーネスと交換する形でコルゲートチューブを通すことが出来ましたが、左側のミラーはまだ電気仕掛けが生きているのです!。
極たま、どころか1~2回しかスイッチに触らないシロモノで、既に無くても困りません。
しかし、まだ不具合なく生きてるモノをわざわざ殺してしまうには良心が咎めます(笑)。

とゆーわけで、電動ドアミラー生かしつつの配線となりました。
運転席側よりは細いとはいえ、こちらにも立派な電動窓用+ミラー用ハーネスが通ってます。
ここにコルゲートチューブをお邪魔させるわけですから、グロメットはかなりギッチギチ(笑)。

ひだりの渡り部分くん
シャシンだと解り辛いケド、この渡り線はかなり奥行きがあるんです(笑)。

ひだりのドア袋くん
左のドア内部からの貴重な映像です(笑)。
手前の黒いハーネスがミラー行きで、奥の太いのが不要な電動窓用。コルゲから出ている緑と青がトリガーへ行く配線となります。

しかしこれで何とかフロント周りの処置が終わりました(笑)。
引き続きましてリア扉への配線作業に移りますが、この間も2日ほど開けております。
この間、ドア内張りの無いサファリで通勤するのは酷でした。
やはり内張り、運転席ぐらはあったほうが良いとの結論を得ました(笑)。

おもわぬ大作となってしまったこの記事ですが、あとちょっとです(爆)。
読むほうも大変ならば書く方だって大変なのです(笑)。

さてリアドアにはな~んも電気が渡っていないDX君、もしや通線の為の穴さえもないのか?と心配しましたが差に非ず。
そこまで日産もロックじゃないので、ちゃんと無用なグロメットでふさがっておりました。
今回はココを利用すれば良いだけのことです。

31ココから行けそう
ピラー側の内張りを剥がしてみれば、ちゃんと配線できるようにサービス穴が開いておりました。
めでたし!(笑)。

35グロメット2
グロメットに穴を開けます。ワタシはドリルで8mmの穴を開けました。
それでもコルゲートチューブが通り辛い場合は、ちょんちょんと穴から切り込みを入れます。

33配線通し
配線を通してコルゲを巻き、グロメットを差し込んでボディ側→戸先側の順番で施工していきます。
右側はアッサリ完成しましたが、左側はちょっと問題が発生です。

ハーネスの長さが足りん!。
つーことで、延長します(笑)。

34延長戦
一般車両を想定しているんでしょうけど、サファリには少々短すぎたようです。
左後ろへの渡り線を切って延長します。

36納まった
右後ろも完成!長かった道のりのゴールが近づいてきました(笑)。

37ドアの中
ドアの中からの映像ですが、新しく引いた配線は窓の上下にも干渉せずに済みそうです。
DXのリアドアに初めてインフラが整備されました(笑)。

さてお次は最後のカリキュラム、電源工事です。
ワタシのサファリDXは言わば廉価版なので、各種装備がごっそり省略されてます(笑)。
ですが電源や制御ラインはどうやらグランロードやキングスロードなどと同じなのか、そのまま使わないのに配線されているようなのです。よーするに、使ってないコンセントがいっぱい、ってコトです(笑)。
今回は先に紹介した平型ヒューズ電源を使ってヒューズボックスから集中ドアロック用の電源を確保しますが、12Vが常時流れていて使ってないトコロを探すと、、、あった、フォグランプ20Aです。
こちらから拝借すると致しましょう。しかしなんて便利なんだろう!万歳12V車(笑)。

電源を通してコントローラーにトリガーからのカプラを差し込み、いよいよ作動試運転です。
リモコンをピッと、、、、アレ?。
運転席のドアロックをカチャッと、、、、アレレ??。
動きません(笑)。
テスタを持ってきていろいろと通電を確認しますが、フォグランプ電源はちゃんと常時来てますので間違いなし。
ヤバい、製品がダメ?(爆)。
買ったのは先述したように春ですよ春。もうとっくに時効です(笑)。
落ち着いて、も一度よ~っく配線を確認しますれば、どうやらアースがちゃんと取れてないようです。
きちんとボディの塗料を剥いで、しっかりと先割れ端子を付けてアクセルのバネ付根ボルトに固定します。
さて、気を取り直して~っと。

ピッとリモコンを操作すると間髪入れず、「ドガ!」と結構な音で全てのトリガーが動きました。
「やた~!」
誰もいないのに歓声を上げるバカ1名(笑)。
運転席の開閉にも、「ドガ!ドガ!」と見事に連動してくれます。
苦労の甲斐があったぜえよ晋作!(笑)。

晋作はどうでも、何度かドカドカ動かすうちにやはり手動では解らなかった施解錠の不具合を調整します。
リンケージを曲げ治したり、コネクト位置を少し動かしたりして確実に施解錠できるように微妙に手直しをします。
これでヨシ、としたところで、今度はコネクト部分がハズレないようにしっかりと固定します。

38瞬着塗りたくり
瞬着も併用します。
こーいう後付けドアロック不具合では、リンケージと施錠ロッドのコネクト部分のハズレが一番多いんだとか。
そのたびにまた内張りを剥がすのも大変なので(慣れましたケド)、もう二度と外れないようにガッチガチに固めます。
ホントは溶接しちゃいたいぐらいですがね(笑)。

39フロントも塗りたくり
フロント側にもベッタリと塗っておきます。
アロンアルファゼリー状は旧車海苔の味方です(笑)。

試運転もオッケーとしまして、コントローラを本気固定します。
大きさは60mm角、厚みは20mm程度なのですがヒューズボックス付近には固定できるような開いたスペースがありません。Y60サファリは大きな車輌ですが、こーいうトコロは軽自動車並みに手狭なのです(笑)。
別に見せるモノでもないのでインパネの裏側に僅かな平地を見つけて、そこに強力両面テープで固定しました。

41コントローラ
右に90°首をへし曲げて見てください(笑)。
哀本を差し込んで写したモンがあまりに見辛過ぎたので、コントローラを赤線で囲んでおきました。


43キーオープン!
キーオープン!
「ドガ!」

44キークローズ!
キークローズ!
「ドガ!」(笑)。

むふふ、コレで一挙にY60グランロードよりも大幅なる近代化を遂げたことになります。
なんせあの世代にはリモコンが装備されておりません。
今回取り付けた集中ドアロックはアンサーバックが無いタイプです。
しかし、この作動音で十分にアンサーバック(笑)。



でもリアの観音扉は手動ロックなんだけどね~(笑)。
ま、どーしても不便を感じたら別回線を組んでみるけど、そのためにリモコン2個持つのもなあ、、、(爆)。
今後の課題もちゃんと残すトコロが、くみちょう品質でゴザイマス(笑)。


スポンサーサイト
  1. 2014/09/12(金) 15:06:30|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ふらりと伊豆 | ホーム | 歯完了>>

コメント

ご苦労さん

サブ局のニコイチver.だすな(笑)
でも5ヶ月前の話から2回目が来るよりは読み易いやね。
まぁ、使い物になって良かったではないか。

あ、ブーツが切れた行が抜けてるが・・・。ビニテで補修って言ってたけど、中に雨水が浸入したらヤバイんでないの?
  1. 2014/09/13(土) 08:20:26 |
  2. URL |
  3. 3連休だぁね@アツギ #-
  4. [ 編集]

お疲れ様でした

大作、お疲れ様でした。
サブ局でも拝見しましたが、こうやってまとめて読むと大作ぶりがひとしおに感じられます。
エーモンの得意客であらしゃいますね。

拙宅でもドラレコや燃費計(笑)の電源配線で手が届かない場所を通す作業がありました。
このときに登場するのは「番線」です。なぜか自宅に常備されています(笑)
エーモンの配線ツールを利用されるとは、さすがです。

リヤドアですが、3ボックス乗用車のトランクはドアと一緒には開かないのと同様に、4つのドアの集中ドアロックから孤高を守るのも良いのではないか、と思います。

拙宅、集中ドアロックのおかげでキーインでJAFさんをおよびする羽目に何度陥ったことか。
リヤドアを別にしておくと、イザというときの非常口になると思いますよ。
  1. 2014/09/16(火) 08:45:22 |
  2. URL |
  3. nakajin #v0W2OX1k
  4. [ 編集]

出すなと言われてもだな(笑)

三連休も光の速度で過ぎ去ったよ(笑)。
チュウチュウドアロック、使い物になってヨカッタよ~。
しかもアタリマエだけどすっげえ便利(笑)。
ようやっと荷車から貨客両用になっただよ。

ブーツ切れたところは応急でビニテ補修したけど、やっぱりチャンとなんかしないとね~。
  1. 2014/09/16(火) 09:17:24 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

エーモンのええもんは僅かですが(爆)

さすが教授です。番線を常備されてるとは。
番線は締め方をちゃんと覚えれば、ホーシングとリーフだって応急的に固定できますからね。
エーモンの専用品は良く出来てます。オイルゲージのもっとしなやかなヤツみたいなカンジですが、チューブの中を通すような超タイトな場合は引っ張る電線の固定をしっかりやらないとダメですね。

ホントはリアドアも連動させて5トリガーにしたかったんですが、汎用品では4トリガーしかなくてハーネスを自作せざるを得ず、したところでコントローラの解析が出来なかったので諦めました。
2トリガーの同じ品を既に入手してますので(笑)、リアのみ別リモコンで施解錠できるようにしようかと画策中でゴザイマス。
ただリモコンを2個もキーにぶら下げるのはカッチョ悪いので(笑)、運転席からスイッチで開け閉めできるようにしたいなと思ってます。
  1. 2014/09/16(火) 09:28:15 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/813-9b497938
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する