組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

ふらりと伊豆

「あ~キンメの煮付が喰いたい(笑)」。
先日の三連休の前日、急にキンメの煮付が脳裏から離れなくなり悶え苦しんでおりました(爆)。
キンメの煮付症候群はどうやら伝染するらしく、奥様もキンメの煮付+干物が食べたいと何故かプラスアルファで喚いております。
この症状を抑えるには、やはり病院に行くか、伊豆に行くか(笑)。

とゆーわけで、ササっと宿を予約して9/13朝にはベンちゃんの中のヒトへ変身(笑)。
ただ、この日程のオデカケは切腹覚悟の上の意識不明の大渋滞がどうしても避けられません。
出立の時間がビミョーだったこともあり、首都高の掲示板には真っ赤の筋が、、、。
あわわわ、川口から用賀まで絶望的ぢゃないか、、、。
いままでトーホク自動車道の反対車線渋滞を眺めつつの快適ドライブ(爆)が一転して、今度は攻撃の矛先がこちらへ向かってきたのです!。

思わず本能的に、「避けねば!」と圏央道方面へ回避。
ところがクソ圏央道、あのクソ分断部分で下道がクソ渋滞。
裏を回ったつもりでも結局大きな道との交差点は重度の便秘なのです。
耐えがたきを耐え忍びがたきを忍び、何とか桶川北本icまでたどり着いたのですが、今度は圏央道そのものが渋滞。
日の出icあたりから雲行きが怪しくなり、八王子jctで中央道に行きたい車列が左をぼちぼち占拠し始めます。
そして我が車線もトンネルの中で完全に停止。進退窮まる状況となりました。
しかし暫くすると高尾山の真下辺り(笑)から徐々に流れは改善され、トンネル群を脱出する頃には逆に空いてるような状況に一変。
その代わり反対車線はもう縦列駐車場と化してましたが(笑)。

んが!幸せな時間とは短いモノです。
予想した通り東名高速との接続部は地獄の黙示録(爆)。
海老名icで降りるべきだったと激しく後悔の念に駆られつつも、もはや東名方面の列に並ばねばなりません。
先程からお釈迦様の半身が壁からチラチラとコッチを見ているような、悟りの境地に近づいたところで朦朧となりつつ漸く東名高速に合流。
ま、合流とは言ってもすぐに厚木から小田原厚木道路に向かうので、さらにドッポリ渋滞してる本線とはここでオサラバなのです。
フッフッフ、そこでずっと並んでいるがいいさ愚民ども(爆)。

小田厚はクルマの数は多いのですが、ソコソコの流れで順調に小田原西まで到着できました。
追い越し車線をチンタラ走行で塞ぐアホウが多いのは、もはや全国区の定番です(爆)。
さていつもここで悩むのですが、ターンパイクから伊豆スカで伊豆高原までワープしてしまうか、風光明媚な海沿いのR135を走るか、で少々葛藤があります。
本日は敢えて、敢えての海沿いルートを選択。
混む恐れ大の火中の栗を拾うがごとし愚挙に挑んでみました(笑)。

少しでも楽をしようと真鶴道路を駆使して熱海に躍り出ました。
この道はもはや地面とは完全に縁を切った様な海を行く道です。
良く作ったよなあと感心しつつも、この先の予想される渋滞に気分は少々フラット気味。

ところが、熱海市内のR135も思ったほど渋滞もなくアレヨアレヨと網代を抜け伊東を抜け、本日の目標である「伊豆高原ビール本店」に到着です。
ビールとは言ってもここの料理は安くてデカくて最高なのです。

1伊豆でキンメを喰う

手前は自分の注文した3種盛り的な海鮮丼と、重要なキンメのお頭煮付単品を処方(笑)。
奥は奥様のキンメの煮付定食刺身付と、中央にはココに来れば必ず頼む中落ち焼き。
鍋的な物は味噌汁です。
もうナニモカモ美味過ぎるのです。
ちなみに奥様はモノホンのビール、ワタシは運転手なのでウソビール(泣)。

2オレの為に死んでくれたキンメ

目玉が美味いんです。
気持ち悪いと喰わない人もいるようですが、あまりにも勿体ない!。
折角自分の為に美味しく死んでくれたのですから、喰えるトコロは全て味わい尽くしましょう。

さてお次は、弓ヶ浜まで行ってみましょう。
伊豆に来たら弓ヶ浜を見ないと、なんか気持ちが納まりません(笑)。
那須に行ったら湯本まで上がってみたい気分と同じでしょう(地元民除く)。
懸念されていたR135の渋滞ですが、思ったほど混んでなくスイスイと走れます。
時たま現れるジジババマークの挙動不審低速車に行く手を阻まれますが、運よく前走車だったりするもんですから教育的指導を含めて信号待ちで被せたりとこちらも敵に合わせた自在な動きでパス(爆)。
いやしかし、運転がアヤシイならばクルマに乗らないでほしい、というのが本音ですなあ。
道路に出る以上はソレなりのスキルと反射神経が必要なのです。
ソレが備わってないのであれば、自ら道路に出るべきではありません。
ハッキリ言いまして、社会のメーワクです。

3晩夏の弓ヶ浜
弓ヶ浜到着。
いつ来ても気持ちいいトコロです。
この日は気温が少々高かったので、浜には海水浴を楽しむ者もチラホラ。

4晩夏の弓ヶ浜
ビーサンで来てヨカッタ(笑)。
つーかアンタ出掛けるのにビーサンかよ、という点は置いときましょう(爆)。

5カヌーに興じる若人
シーカヤックに興じる若人たちをCOOLPIX P7100の光学最大望遠で狙ってみますた。
パドル捌きを見てると、どうやら体験ツアーみたいなもんかな?。
オレも猛烈にヤリタイぞお!(笑)。

6最大望遠
こちらも最大望遠。コンデジお得意の光学+電子のズームですが、やっぱり電子ズーム領域はなんか味気ないっすね(笑)。

7晩夏の弓ヶ浜
てくてくと休み休み散歩しながら端っこまで来ました。
気温は泳げるぐらいでも、海はもう秋っぽいカンジです。

さて、望みは果たしたので今夜のお宿へ向かいましょう。
と、その前に下田で買い出しをしておきます。
とゆーもの無計画に昨日予約した宿なので、朝食のみしかついておりません。
しかも河津の旅館(笑)。
旅館に泊まるなんていったい何年ぶりなのかしら?
禁煙+朝食でケンサクしたら、ココぐらいしかヒットしなかった事情もあります(爆)。
買い出しはモチロン、地元スーパー(笑)。

9夕餉
寿司とアジの開きフリャイ、エビフリャイにサバ味噌煮と大好きなしば漬け(笑)、そして何よりも必需品であるモノホンビールはヱビスです(笑)。
昼飯が豪華だったので質素に見えるカモですが、なかなかどうして地元スーパーの惣菜はウマいっす(笑)。

で、その旅館のスペック(笑)ですが、部屋は畳に布団とまさに旅館(笑)。
だけどちゃんと便所も洗面台も備え付けがあるので不便なし。
風呂は若干小ぶりだけど豪華なかけ流し温泉で、なんと露天風呂は舟型浴槽とゆーギミックが面白いのです。
全館禁煙で廊下も臭くないし密かにアタリだったカモ?と、期待以上の結果オーライになりました。
朝飯も期待通りの品々で、伊豆に泊まって初めてマトモな地の物の朝飯を喰いました(笑)。
伊豆は河津の「旅師の宿やかた」 おススメです。
でも久しぶりに畳+布団で寝たら、夜中に金縛りにあったっス(笑)。

10あさあさあかるいあさ
さて、本日の目標は「渋滞に遭わずに帰るコト」(笑)。
なので内陸を攻めます。


11ワサビソフト喰ったら帰るべ
R414をまずは北上して「道の駅天城越え」到着。
ココで葉っぱ付きのクズワサビを買うのが伊豆のシメその1(笑)。
クズなので圧倒的に安いし、ワサビは葉っぱも茎もウマいんすよ。

さあグズグズしてると渋滞が始まってしまいます(笑)。
チャッチャっと北上してR136から修善寺道路~伊豆中央道で区間ワープして三島に入り、バイパス経由でR1を捕まえます。
登坂車線が登場してもなんのその、グングン登るベンちゃんはやっぱりヨン様とは別物(笑)。
遅いくせに頑張ってる200系シャコタンハイエースを左からぶち抜き、BMW320dとデットヒートを興じながら(笑)あっという間に大観インターです。
このままターンパイクで小田原西まで下りますが、このルートを選ぶにはまたワケが。

そりゃターンパイクの下りは脳味噌が痺れるような快感道路なのですが、目的は下り切ったところにある”干物屋”(笑)。
ここでオイシイ干物を買うのが、伊豆のシメその2なのです。
今回はなぜか貰えませんでしたが、ターンパイクを利用するとココの干物無料引換券が頂けるという特典付きなのです。
ワタシ的にはどーでもいい事項なのですが、こーいうのに奥様が喰い付くので致し方ありません(爆)。
でも干物は安くてオイシイので、「山安工場直売所」 おススメです(笑)。

そのまま小田原西icから小田厚に乗り、東名の上り線へ。
まだ午後を少し回った時間なので渋滞はありません。あと3~4時間もすればココも地獄の光景に変わるのでしょう。
ちなみに行きに使った圏央道ですが、なんと海老名jctから八王子jctまで渋滞とこちらはまさしく必ず殺すと書いて必殺の高規格駐車場と化しておるようです(爆)。
圏央道が出来れば渋滞が減ると思ったんですが、まさか自らを切らせての首都高渋滞解消とは誠に恐れ入りました(笑)。

とゆーことで、我々はいつもの用賀~渋谷線~大橋jctのグルグル巻きからシークレットハイウエイ中央環状新宿線~川口線と走り繋いで、既に庭先のトーホク自動車道へ。
最高速でもセットできるオートクルーズを”ぬあわkm/h”にセットし、ドコにも滞ることなく快適に帰宅しました。

思いつきで伊豆、少々無理はありましたがキンメの煮付は美味しかったのでヨシとしましょう(笑)。
今度は春、河津の桜が咲くころにまたチャレンジせねばと思っとります。
だって行かなきゃダメなんでしょう?(爆)。


スポンサーサイト
  1. 2014/09/17(水) 00:21:20|
  2. オデカケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ガットギター増設(笑) | ホーム | 集中ドアロック取付かんりょー>>

コメント

伊豆は近くて遠いかな??

相変わらずアクティブな事で(笑)
圏央道、東名へ合流する前に降りるなら、圏央厚木が良いよ。海老名は降りる所が微妙だから。。。

で、ウチは諸事情により泊まりがけの旅行は厳しいが、日帰りだって可能な伊豆でも夫婦では既に記憶が蘇らないくらい何年も行っておりませぬ(爆)
ウチの3連休は、奥様のチャリに荷台を付けたのと、新たな魚を買って来た以外はビール飲んで終わりだったな (^^ゞ

そういえば、魚の目玉は食わなくなって久しいなぁ。。。子供の頃は好きだったんだけどねぇ。
  1. 2014/09/17(水) 23:44:42 |
  2. URL |
  3. 目ん球!@アツギ #-
  4. [ 編集]

シュトコー

おはようございます。

首都高、箱崎裏ワザですか?

しかし、伊豆、15年以上前に行っただけです。
  1. 2014/09/18(木) 06:21:03 |
  2. URL |
  3. 隣のSEKIくん #bhPQex/M
  4. [ 編集]

新たな地獄登場

圏央道地獄はニューチャレンジャーを待ってるぜ(笑)。
そっか、圏央厚木ね。覚えとこ。でもソコも既に渋滞してたような(笑)。
ソコから伊豆なんて近いじゃんか。
日帰りどころか朝行って昼には家で飯食えるぐらいじゃんか(笑)。
目玉は今頃になって食うようになったねえ。
ガキの頃は絶対に手出ししなかったけど。


  1. 2014/09/18(木) 07:37:33 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

裏技無しです

伊豆、たまにはいいですよ~。
また阿字ヶ浦とは違う魚のウマさです(笑)。
首都高は中央環状新宿線が抜けてから、箱崎周りは御無沙汰です。

  1. 2014/09/18(木) 07:39:58 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/814-1d0afcdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する