組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

東海道新幹線50周年

東海道新幹線が10月で50年目を迎えるらしいですね。
夢の超特急、50年目です。もはや夢でも何でもありません(爆)。
しかし我々40代にとっては、新幹線の歩み=自分の生長(もしくは堕落)みたいなトコロもあり、なんとなくヤツは気になる存在なのです(笑)。

ワタクシゴトをノタマウとすれば、親戚が関西圏に集中しているので子供の頃から東海道新幹線は長期休みの友でした(笑)。
オヤジもクルマでの帰省はタイヘンだったんでしょう。
不思議とクルマに関する記憶は、行楽地に出掛けたことばかりで帰省に関しては良く覚えてません。
それだけ新幹線の出番が多かったってコトでしょうね~。

余談ながら当時の記憶を一つ紹介するなれば、ドコのSAかPかは忘れましたが我が家のプレジデント150型がガス欠して、スカG(ハコスカね)からガソリンを分けて貰った事件がありました。
スカGの燃料注入口がトランクの角にあったコトをその時鮮明に覚えてしまって、今でもハコスカを見るとトランクの角キャップは健全かどうかを思わず見てしまいます(笑)。

ハナシが脱腸してしまいましたが、そんなボクら40代(笑)の新幹線と言えば、やっぱりタヌキ顔の0系です。

新幹線0系

もはやノスタルジーさえ感じる初代新幹線のスタイルですが、これがまさしく正しき記憶のスタンダードです。
0系なんて形式名はどうでも、新幹線と言えば、コレなんですよ(笑)。

当時は指定席を取るにもネット予約も何もない時代です。
ひと月ほど前に最寄りの駅でメカメカしい端末(マルスと言ったらしい)にプラグを刺しながら切符を発行してくれるトコロからもうワクワクが(笑)。
コーフン押えられずはしゃぎ過ぎてオヤジにゲンコツ喰らうのはお約束でした(笑)。

さて当日となり無事新幹線の乗客の一人になるのですが、なんせガキなのですぐに飽きるのです(笑)。
この時に静岡県の異様な広さを覚え、名古屋と京都は案外近いことを知るのです(笑)。
当時はまだ鮮明にカッカカッカカッカカという独特のレール溶接部の音がしていました。

新幹線のテーブルと灰皿

こんなテーブル覚えてます?
引っ張り出してくるっと回して使うヤツでした。
灰皿も昭和を感じます。

新幹線の灰皿

こちらは席と席の間にあった灰皿ですね。
当時は禁煙車なんてなかったので、灰皿は常に標準装備です。
オトナはタバコを吸うのがアタリマエの時代、嫌煙者はいったいどうやって凌いでいたんでしょうね。
今こんなキタネエ灰皿にポンポンしてるヤツを前に出されたら、ワタシは即刻実力撤去の上喫煙者を切り殺すことでしょう(爆)。

そんな新幹線の旅、コドモゴコロに刺さったのはビュッフェにある速度計でした。

新幹線の速度計

すっかり名実ともにオッサンになった今でも(笑)メーターの類は大好きですが、その素養を植え付けられたのはこのビュッフェのメーターだったかも知れません。
ココでナニを喰ったかも覚えてませんが、メーターだけはカタチからそのフォントまでガッツリ覚えてます(笑)。

まあイイことばかりでもありませんで、2-3列シートも0系新幹線が最初ですよね?
あの3列目の真ん中の席、未だに解せません(笑)。
窓際の眺望も遮られ、通路側の自由すら奪われ、両側からのプレッシャーで肩身の狭い思いを強いられ、弁当を拡げる事すら罪であるかの如く行動を制限されて、しかも料金は一緒(笑)。
アレは各JRサン、もう廃止しましょうよ。
煩雑時にひとりでも多く乗せたい事情も分かりますが、利用者にはな~んも利点がありません。

新幹線、オッサンサラリーマンの今となっては大事な出張の脚です。
なのでノスタルジーに浸ってる場合ではありませんが、入線時にあのカモノハシとゆーかクツベラとゆーかがやってくるのは不気味以外のナニモノでもありません。
しかし飛行機よりも何よりも公共のノリモノの中ではダントツに快適だと思うのです。

東海道新幹線が50年も現役だったのは、リニアの開発があまりに遅い原因もあるでしょう。
それは国鉄時代に開発が進まなかったこともあるでしょうし、JRとなって漸く最近ルートが決まるというテイタラクなので、これからも大活躍せねばならない運命も背負っているのです。
早くリニアに乗ってみたい気持ちもありますが、新幹線ソノモノが無くなるのは寂しいなあとも思います。

今の子供たちが40代になる頃、「ガキの頃カモノハシみたいなヤツ乗ったね!」なんて言う日がきっと来るんでしょうね(笑)。


スポンサーサイト
  1. 2014/10/01(水) 00:03:58|
  2. 徒然日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<増車?の秋 | ホーム | トーキョー>>

コメント

新幹線

こんにちは。

0系に乗ったのは、静岡への往復と京都への就学旅行だけでした。
新幹線内で売っていたTバック(笑)のお茶が懐かしいです。
  1. 2014/10/02(木) 17:00:38 |
  2. URL |
  3. 隣のSEKI #bhPQex/M
  4. [ 編集]

Tパックね、”ぱ”、ですね(笑)

おはようございます。
上記の点、間違えやすいポイントです。
試験に出ますので気を付けるようにしてください(笑)。

0系新幹線、年代によって捉え方が違うようですね。
ワタシたちの年代に新幹線の絵を描けと言えば、間違いなく0系らしきモノを描きますが、今の若者だとクツベラやカモノハシを描きます。

そういえばTパックで思い出しましたが、MAXって廃止されたんでしょうか?(笑)。
あの巨体、この界隈ではとんと見なくなりました。
  1. 2014/10/03(金) 07:52:21 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

6月に旅行で上越新幹線に乗った時、どこだったかの駅で見かけましたよ、MAX。
「下の席ならホームを歩く人のスカートの中を覗けるな」と思いました。
  1. 2014/10/03(金) 10:33:30 |
  2. URL |
  3. micchama #-
  4. [ 編集]

さすがです

MAX、上越線方面で活躍してるんですね。
東北では近距離通勤用のなすの号でも見かけなくなりました。
アレの両側3列シートがイヤでした(笑)。

しかし、思いがけない用途を見出すあたりは、さすが年商天文学数字の社長様ですね~。


  1. 2014/10/03(金) 11:54:19 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/817-ad28be6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する