組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

長野で松茸

旬、と言ってもなかなか高貴過ぎて今までビビって手を出さなかったショクモツに、今回勇気を出してチャレンジしてきました(笑)。
長野まで行って例の松茸ってヤツを喰いに行ってまいりやしたぜ(笑)。

長野と言っても小諸のちょっと先、そんなに遠くはアリマセン。
セド君でも余裕で往復できる距離です。日帰り圏内でそんな桃源郷のような場所があったなんて(笑)。
まあソレなりの金額はするんですがね(爆)。

紅葉も最盛期な長野県某所。宇都宮基地からここまで3時間かかりません。
高速道路って素晴らしい(笑)。

1松茸を喰いに

この日はあいにくの冷たい雨模様でしたが、峠のどん詰まりにあるような店の場所にはワラワラとワタシらの他にも客が集まり始めて、開店前10分にはなんと行列!(笑)。
コッチは時間指定で予約してあるので大丈夫だとは思うのですが、こーいうの大いに不安になりますよね(笑)。

11時の開門にてさらにエッチラオッチラと山中の徒歩登りが続き、ようやくお店へ。
そこでいきなり名言が(笑)。

2オレの松茸(笑)

さらに追い打ちをかけるように、

3オレの一本松

大丈夫かこの店?(爆)。

まあ気を取り直して、静かに待つこと10分。
ようやく名前を呼ばれ座敷に着席してしばし待つワケですが、店がどうにも傾いてる気がしてしょうがありません。
経営じゃなくて、ブツリ的に傾いているんです(笑)。
作りは海の家に毛が生えた感じですが、建ってる場所が崖っぽい(爆)。
職業病なのかもしれませんか、床下の状況が大変に気になるケツの感触です。

そんなこんなと不安を感じながらも、出てくる料理は松茸尽くしのフルコース!(笑)。

5松茸尽くし

土瓶蒸しは定番アイテム。香り松茸とはよく言ったもんで、鼻に抜ける芳醇な芳香がマジウマ。
天ぷらは意外な組み合わせ。各種盛られてますがもちろん松茸の天ぷらがメイン様。
ナルホド、一番素材の味が解る様な気もします。
鍋は是非アップでご覧ください(笑)。

4松茸鍋

鶏肉からの出汁に松茸の匂いが絡んで、これはなかなか絶品です。
煮え煮えでもシャクッとした食感が残るぐらい肉厚に切られたこの贅沢感、う~ん、タマラヌ瞬間です(笑)。

6を喰らう

このようにすき焼きの様に溶き卵で頂くのですが、もうちょっと薄味にしてそのまま食ったほうがウマいと思います。
折角の松茸の香りが濃いめの割下で消されてしまうようなカンジ。
でも贅沢でウマいけどね(笑)。

その後超定番の松茸ご飯が登場して、その勝手に笑っちまうような贅沢感にオカワリ2膳(笑)。
そーなんです、松茸ご飯と御吸い物はいくら食ってもオカワリ自由!。
デブにとってまさに「空も飛べるはず」なフリーダムを感じるコトでしょう(笑)。

しかしそのデブが、ケンチク屋デブのケツが初手からしきりに「ミーミーミー!危険です!」と警告を出しているのです。
こんな時に大地震に見舞われたら、満腹で天国気分のまま地獄行きなのは必至(爆)。
「空もとべるはず」なブツリ的フリーダムは是非とも感じたくありません。
一刻も早くこの山中に無理矢理建てられた「海の家」から脱出せねば!との思いもウラハラに、「松茸ご飯オカワリ自由」のキョーレツな呪文からはカンタンに逃げられるもんではありません(笑)。
奥様が2杯目を所望するに合わせて、こちらも3杯目を差し出す始末。
ああ、早く逃げなければならぬのになんというコトでしょう(笑)。

ようやく満腹中枢から「そろそろ逃げようぜ」との指令が出たトコロで、重い腹を、もとい腰を上げました(笑)。
高速使いまくってこんな自然豊かな山奥まで来て、1人前¥7000ナリ。極々たまの贅沢でございました。
生きてるうちにもう一度味わえるかどうか、、、(爆)。

この後、腹ごなしに小諸の懐古園を探索。
ちょうど雨も上がって旬な紅葉を眺めながら、喰い過ぎ2名ドスドスと歩き回ってきました(笑)。

7懐古園の紅葉

駐車場500円入場料300円、最近の懐古園はけっこうおカネが掛かるんです(笑)。
でもちゃんと整備されてるし、併設される動物園のエサ代もバカにならんのでしょう。

8懐古園の紅葉

今年は標高が高い場所よりも、中ぐらいのほうが紅葉が綺麗な気がします。
温暖化の影響?それとも放射能?(爆)。

9お馴染みの展望台から

この後「あぐりの湯こもろ」とゆー温泉施設でお清めをしつつ、温まった身体でまっすぐ帰るのかと思いきや夕刻の軽井沢ショッピングモールへ連行されたくみちょうなのでした(笑)。



スポンサーサイト
  1. 2014/11/05(水) 17:42:11|
  2. オデカケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ナビナビ | ホーム | Y31のタイヤなぞを交換してみる>>

コメント

松茸ねぇ・・・

どうにも良い印象が無いんだよなぁ・・・。
自分のこと、残念な日本人だと思ってるよ、ホント(笑)

にしても紅葉は良いねぇ。
これは日本人で良かった事だと思ってるよ。
  1. 2014/11/05(水) 23:54:04 |
  2. URL |
  3. ん~~~@アツギ #-
  4. [ 編集]

あかんやつや

ニホンジンマツタケスキネウまいね。
マツタケクエナイニホンジンジャナイね。
カオリマツタケアジシメジいうね。
アジハシメジウマイね。
デモマツタケスキね。
ナナセンエンハラウね。
スキジャナイトマズイね。

  1. 2014/11/06(木) 08:13:09 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/825-e763ad23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する