組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

マタハラ?

小冊子が送られてきた。
マタハラに関するドータラコータラ(爆)。
だいいち、マタハラって、ナニ?(笑)。
股に関するハラスメントかいな?そりゃ大ごとだ(核爆)と読み始めてみると、いわゆるマタニティ(妊婦さん)への攻撃、ということらしい。
しかし悲しいぐらいに偏差値が低いこの日本社会(爆)、こーいうトコロにも表れてツッコミどころが満載だ(笑)。

気を付けねばならぬのは何気ないヒトコトなのだとか。
上司「子供のコトを第一に考えてクダサイ」なんて発言も、マタハラらしい。
おいおい、ソレってすっげえ良い上司じゃんかよお~!(笑)。
ドコがハラスメ~ントなのかオジサンには解りません。
よ~するに、古い価値観「女性は家庭に入る」「子育ては女性の仕事」を匂わす発言はNGらしい。
つーかさあ、んじゃあオトコに負けまいとバリバリ働いて一生独身で定年迎えて、、、で、その幸せはどこにあるんよ?(爆)。

あとはまあ一瞬は納得できるマタハラで、職場でシカト攻撃するとか妊婦なのに重たいもん持たせるとか、保育園に行かねばならないのに妨害するとか早退時に嫌味を言うとか、、、当然そりゃダメとも解るけど、でも良く考えてみましょうよ。

イマドキ余裕のある職場なんてそうザラにはなくて、みんなギリギリの人数で回してんじゃネーかと思うんだよね。
そんな時に「保育園行ってきま~す今日戻りませ~ん」じゃ、残された職員は実に大変だよ。
クチを開けば恨み節も出てくるだろうから、ソイツにクチをきかないってのも何となく解る気がする。
もちろんそんなこと解ったトコロでシカトはやっちゃダメだけどね。オトナとして。
ワザと重いもん持たせるのは論外としても業務上どうしてもやらねばならぬことが出来ないならば、もうその職場を自ら去っていただくしかないと思うんだけど、その考えが既に立派なマタハラになるんだろう。
クチには出さないけど、みんな上司はそう思ってるよ(爆)。

で、ソレを避けるために「じゃあ軽めの部署に動くか?」と提案することもマタハラらしい。
軽いお仕事で給料が減る、慣れない仕事で困る、他部署に移る精神的負担が、、、ナドナド。
もうどーしろちゅーんじゃ!?(笑)。

どうしてこんなに幼稚園児を扱う様な社会になっちゃったんだろうなあ~。
世の中は女性の社会進出でドンドン男子社会が隅に追いやられてる節が無きにしも非ずだけど、↑の例もあるように無理矛盾や非効率がまかり通ったら、会社はオロカこの国の将来はどうなっちゃんだろう?。
基本的に女性は社会生活に於いても感情優先で物事の本質を見抜けず、自己犠牲の精神も薄い他者依存型の考え方が多いのだから、やはり国を挙げての女性活躍推進は間違ってたんじゃネーかと(爆)。

もっとカンタンに言えば、 「オンナにはムリ」(爆)。

いやあ、コレは叩かれるなあオレ(爆)。


スポンサーサイト
  1. 2014/12/03(水) 03:54:23|
  2. 組長社会にモノ申す
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<テッチンスタッドレス | ホーム | みかん狩り>>

コメント

きたー

いやいや、重いネタをUpしたもんで(爆)。

○×ハラスメントは大変だよなぁ。日本国民総阿呆化計画ってな感じ?
PL法とかもそうだけど、そろそろ米の国からの有害制度は取り入れないようにして欲しいもんだよね、全く。
学校の問題(モンペアのみならず、増徴してるガキ共)もそうだけど、これから先、どうなってまうんやろか。。。
  1. 2014/12/04(木) 20:03:44 |
  2. URL |
  3. むむむ@アツギ #-
  4. [ 編集]

思ったよりも

叩かれずに済んでるのはまだ救いがあるってことかな?(爆)。
ニッポンが復活するしないは技術や金銭的なことじゃなくて、日本人の精神だと思うんだけどね~。
ま、俺らはイザとなったらどっか住みやすい国に移住しちゃうからいっけどさあ(笑)。
今のガキどもがカワイソウだよなあ。
社会ではマトモな躾もされず教育も中途半端で、最後に頼るべき親がシベリアンハスキーよりも知能が低いんだから(爆)。



  1. 2014/12/05(金) 07:51:29 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

適材適所

たとえ同じ文言でもイケメンが声を掛けると「ラッキー」、オッサン上司が声を掛けると「セクハラ」ってなモンで、どうとでも取れますよね。
ウチのカミさんはOLやってから寿退社ですが、昨今の女性地位向上運動に飽き飽きだそうで。曰く「良い社会人、良い妻、良い母、すべてを満たすのは無理。もし出来ていると主張する人がいれば、影で誰かが犠牲になってる」のだそうです(苦笑)某スケート選手が妊娠出産で叩かれたり擁護されたりしましたが、プロが自己管理出来ない時点でアウトなんですけどねー。

どうも、都合良く雇用/解雇が出来る低賃金な労働力が欲しくて根回ししている感があります。そんなのを使う現場の身になれって言いたい。
  1. 2014/12/05(金) 09:55:33 |
  2. URL |
  3. lj20driver #-
  4. [ 編集]

わかるけどねー

バイト、一応女なんですが。
組長がいいたいこともわかる。(もちろん、「え~~」なこともあるけど)

同性から見ても将来モンペ確定のちょっとおかしな『妊婦様』はどうかと思う。

マタハラなんて妊娠に的を絞ったパワハラみたいなもんなんで
『パワハラ』自体やめていただきたい。とは思う。

で、最大の敵はどこにいるかってえと、実は身内で、「仕事辞めたら稼ぎなくなるから働け」「家と子供のことはお前に任せた」とか言っちゃう夫が一番のマタハラじゃねえのかな、とか思ってみたりもする。


なんかこのネタ、じわじわ炎上しそうで怖いよ?
  1. 2014/12/05(金) 18:14:14 |
  2. URL |
  3. サファリ工務店バイト #-
  4. [ 編集]

そんな風潮有りますね

lj20driver さんコメントありがとうございます。
寒くなってくるとターボの調子も上がってサファリ君も調子いいのではないでしょうか。

社会の女性進出が叫ばれて久しいですが、ホントに進出するだけで仰る通り全く適材適所ではない気がします。
弊社の女性責任者のいる会議では、彼女が半径2M未満の自分の権利と主張を守るために感情的に叫ぶだけでな~んも前進しない議論が進むだけですね。アタマも悪いし(爆)。

奥様は人物な方ですね。
そのような常識ある女性には、是非とも弊社の適材に納まって頂きたいものです(笑)。
  1. 2014/12/08(月) 08:28:48 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

オヂサンのハラスメント攻撃ぢゃあ~

どんなハラスメントもシャカイからは取り除けないかも知れないねえ~。
それは受け手の取り方次第で、スキンシップなのかバイオレンスなのかで違うからねえ(笑)。
難しい問題だねえ。
つーかこんなのに喰い付いてないで、他の記事にコメントしろよ~(笑)。

  1. 2014/12/08(月) 08:42:42 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/831-326bfe04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する