組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

今年もお世話になりました

クリスマスが終わったと思ったら、すぐさま気分はお正月なのです(笑)。
なので仕事なんかしてる場合ではないのですが(爆)、現実は結構忙しいのでもう今年はこれ以上の更新が無理と判断してフライング気味に年末のご挨拶を申し上げます。

今年は(も)いろいろとありました。
1月早春は比較的穏やかに始まりましたが、真冬の夜中にセド君のガスを凍らせちゃったりしてLPG乗りの洗礼を受けたりとか軽めのトラブルはバッチリ(笑)。
恒例の冬の富山詣ではワタシの腰と奥様の体調がイマイチで、やっぱり寄る年波には勝てないと実感(笑)。
あちらの友人のおかげもあって存分に楽しんでは来ましたが。
2月は教授会(茶話会)と称した会の出席で相模の国へ。サファリ世界の重鎮とのディスカッションで時を忘れましたが、乗って行ったDXヨン様がディーゼル規制対象車だってことも忘れてました(爆)。
チョーシに乗って3月も行ったっけなあ(笑)。
4月は仕事しかしてなくて(爆)、5月の連休も取れずでした。
なんだか歳を追うごとに自分の時間が取れなくなって来てるのが解ります。このままじゃイケナイ、、。
そして6月。あのセドリックプラグ折れ事件の悪夢?が始まるのですよ(笑)。
ユーザー車検人生初めての当日敗訴、でその日に後輩のダイハツのお店に駆け込んで何とかしようとするも時間切れアウト。
後日その後輩からプラグ折っちゃった旨の報告を受けてさらにガックシ。ヘッド降ろし決定となった瞬間でした。
7月は光速で過ぎて、8月のお盆休みも半分以上持っていかれて、9月の朝夕涼しくなったころにようやく鯨組夏合宿開催。
欠席者が多かった中でも蓋を開けたら全員同い年の同級生。67sばかりで不毛の飲み会が夜更けまで続いたのでした(笑)。
10月も相模原でサファリ教授会があってモチロン参加。ディーゼル規制もなんのそのDXで圏央道驀進(爆)。
このころようやくセド君のヘッドバラシ関連の資料やガスケット類が揃いまして、いよいよ着手可能となったのですがなかなか忙しさで殺されると書いて忙殺(泣)。
結局11月までずれ込んでしまいましたが、Y君というヒジョーに強力な助っ人が参加してくれたおかげで作業そのものはサックサクに進みまして、11/27にようやく息を吹き返したセド君の心臓RB20P。
しかもなんかすっげえチョーシが良くなっての復活は心躍りました。
ホントに持つべきものは友人です。もとい有能な友人です(爆)。
そして今月は記憶に新しい鯨組忘年会での大盛り上がり、そしてセド君の車検再所得公道復帰、で、現在に至ったわけです。

思えばセド君のトラブルで年が明けて、車検に落ちて、プラグが折れて、ほんで治して、公道復活とゆーかなりセドリックぅ~な一年だったとも言えます(笑)。
そのかわりサファリども恐竜2匹はまったくのノントラブルで今年も楽しませてくれました。
そーいやオイル交換もしてねーや(爆)。TB参号機は1年間でガソリン2回しか入れてねーけど(笑)。

仕事は年々無茶苦茶になってきてますし、身体はやはり衰えてきているのが解ります。
一度なんかの拍子に腰痛になると治りが遅いし、今まで気休めだと思っていた湿布が効くような実感があるんすよ(笑)。
なんだかなあなんですけど、気が付きゃもう50歳ですからねえ。
なんとか頑張ってあと10年仕事やって、それからは好きなことをしようかと考えてるのですけど状況が許すかどうか、、。
まず我が身体が許せるように来年はちょっと喝を入れていきたいと思っとりますハイ。

うちの奥様も職場での精神的攻撃にさらされちゃって、実は今年は半分以上お休みの休職状態でした。
コームインというのは世の中の仕組みもよく解ってない閉鎖的な組織のようで、マトモな考え方を持っている人から崩れてしまうようなとこでもあるようです。
しかし「虎穴に入らずんば虎子を得ず」「郷に入っては郷に従え」とも言えますし、それよりも何よりもまずは自分を追い込んだヤツに復讐してから身の振り方を考えても遅くはないぞ、と言っております(爆)。

仕事も遊びもいろいろなんだかんだとありましたが、来年もスタートダッシュからいろいろとなんだかんだとありそうです。
地球の自転はとまりませんから勝手に年は開けていくのですが(爆)、来年こそは平和でのんびりと窓際サラリーマンな一年が良いなあと思っておるのですが、、、(爆)。

みなさまに於かれましても2018年が良い年でありますようにでございます。
では、今年も組長の身勝手気まぐれブログ(笑)をご覧になっていただきありがとうございました。
来年もよろしくお願い申し上げます。



  1. 2017/12/28(木) 08:44:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんかクリスマスでしたね

クソ忙しいです。
いつも年末はこんなのですが、今年は輪をかけてもー大変です。
まあここまで引っ張ってしまったワタシの責任も若干ありますが(笑)、12月後半に入ってからは気持ちも身体も休まるどころではありません。
このままだと、良くてうつ病、ヘタすると基地外(爆)になりそうです。

とゆーことで一日ぐらいはな~んも忘れて酒と楽器で癒されようと某n那須野スタジオへ。
奇しくもクリスマス。特に祝うアレもありませんけど、これも何かの縁ってことでいつもよりも食い物がフンパツされております。

おうどぶる

クリスマスにちなんだ曲なぞを織り交ぜながらいつものテキトーセッション。
しかし世の中ってのは、この二日間に情熱を傾ける媒体や文化がなんと多いことか。
キリスト教じゃねーだろオレタチ?(爆)。
だいたいトーキョーじゃ12/24時点じゃ「雨が夜更け過ぎに雪へと」変わらねーよ(爆)。
ドコのトーホクの歌じゃ?などと悪態をつきながらあのCMの牧瀬里穂は良かったな~と、オジサンたちはまたハイボールを傾けるのです。

  1. 2017/12/25(月) 07:59:48|
  2. 楽器とかオンガク的なくみちょう別の顔の趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

セド君公道復帰

セド君が公道復帰しました。
ようやく、ホントにようやく道路を大手を振るって走れるようになりました。

あの、「プラグ折っちゃいましたてへぺろ事件」(笑)から約半年、我が執念と人脈の奇跡でなんとか公道に返り咲きました。
新品ヘッドを買うと車両価格(時価相場)オーバーは確実だし、中古エンジンあるにはあるけど38万キロ(笑)のブツだし、リコイル作業を頼むにしても内燃機屋(エンジン加工屋)で「ヘッド外して持ってきてもやれないよそんな作業」と言われ、もう9割心挫けた時期もありましたが、どうせなら自分でやるだけやってみてダメならセド君は諦めるしかないと決意したのが7月の頃。
すぐにヘッドガスケットを日産部販に注文するも欠品で入荷せず10月になってようやく入手し、RBをバラし始めたのが11月のあたま。それからサファリ仲間のY君(なんとLP車のプロ整備士)の協力を仰ぎ11月の週末は殆どセド君とワタシに付き合って貰って、この12月に再車検までに漕ぎつけました。

いやあ、ホント長かった。長かったようで働いたのは一か月だけだった(爆)。

復活のセド君1

またこれがチョーシいいのなんの。
RB直列6発のウルトラスムージーな回転っぷりも素晴らしく(そりゃ暫く5気筒だったんだから当然)、3000回転から上ではちょっとしたGすら感じる加速感にオドロキ、スペック上僅か90数馬力とは思えない力強さに感動するも、まあ二日も乗りまわしゃこれがフツーとなって現在に至っちゃうわけでゴザイマス(爆)。

半年の放置期間中はご無体にも埃だらけで遠目に灰色に見えたボディですが、スタンドで水洗い洗車+水垢一発ワックス+艶だしワックス+保護用ワックスの必殺黒い三年生ジェットストリームアタックでなんとか日産のKH3黒に復活。
今日はワックス掛けだけで筋肉ツーですがな(笑)。

復活のセド君2


現在はオートガスも徐々に単価が上がってきて、昨日の末端価格で88円/リッター。
安かったころの軽油と変わりません。
セド君は良くてもリッター7キロぐらいなんで、100km走るのに1257円かかる計算になります。
軽油は今110円ぐらいなんで、リッター10キロは走るサファリDXヨン様だと1100円。
ベンちゃんはリッター12以上なんで916円(驚!)
サファリ参号機に至っては、、、もう計算しません(爆)。

一番安全で安楽なベンちゃんが一番安価に移動できるのも面白いですが、ガス車のクセに案外セド君は経済的ではない事が判明(爆)。
まあ省燃費性能を求めてるわけじゃないから良いんですけどね(笑)。




  1. 2017/12/18(月) 14:34:20|
  2. LPG車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

鯨組忘年会 走行会の様子と心霊的なヤツ

毎年恒例、とゆーよりも鯨組行事はここ2年ばかりは忘年会だけだったりもしますが(爆)、とにかくまあ先週末(12/9)に執り行われました。
忘年会は毎年通りきっちりと盛り上がって気持ちよくしゅーりょー(笑)。
オジサンたちが思考を凝らしたブツを持ち寄って押し付けあう(爆)ビンゴ大会、とにかく盛り上がるのです。
今回はその前にやった走行会のシーンをご紹介しましょう。

いつも忘年会の前には有志で走りに行くと決めてるのですが、最近はなかなかフィールドが見つかりません。
J川も飽きたし(爆)、H湖はヤバすぎだし(核爆)、ピンとくる場所がありません。
とゆーわけでリサーチを鯨組総務部長のT(高見盛親方ではない)にお願い(丸投げ)して期待を込めた当日を迎えました。

1集合

この集合の時点ではワタシも行き場所を知りません。まさにミステリーツアー(笑)。

2移動

でもさすがに地元なのでだいたい解ってくるのです。
昔、まだワタシが小学生だったころ、国鉄(JRじゃないよ)の企画で銀河鉄道999タイアップイベントで行先不明ミステリー列車を走らせたことがありました。
運良くワタシは超難関な倍率を勝ち抜いて伯父とその列車に乗ることができましたが、乗ったとたん乗客の話声で聞こえてきたのが「行先?烏山でしょ?」(爆)。
まあヘッドマークを替えてロゴだけ塗装した素のEF65をスリーナインと言い張るのはキツかったし、宇都宮から先はDE10ですからね(爆)。なんかめちゃくちゃ暑かった記憶しかないし、鮮明に覚えている宇宙食は握り飯だし(爆)。

なんてことを思い出しながら機関車ならぬ重機(笑)のワッパを回していると、程なくして現着。
なるほど、宴会前の運動にはちょうどいい距離です。

4林道

状況は雪が砂利道にさらりと被った状態。
低速移動の我々には全くの無問題。当然、2駆のまま。

5整列

前を行く戦車の列を眺めながらの進軍は格別ですなあ。
BGMはやっぱりワーグナーかクワイ川マーチか(笑)。

6作業

倒木もあるので威力排除。チェンソーは偉大な文明の利器なのです。
さらに小隊前進を続けると、、、、やっぱり行き止まり(笑)。

7行止

そんな事を繰り返して完抜け出来る道を探ります。
ですが、どこもかしこも行き止まりばかり。だんたんと日も暮れてきて気温も下がり始めました。
そろそろ撤退の号令を掛けねばなりませんが、結構長めの枝道を発見してしまい機会を失います(笑)。
こうやって大本営は判断を誤り、日本は戦争に負けたのです(爆)。

結局ここも行き止まりでした。
撤退、回頭180°の号令と共に来た道を戻る我々。
敵は思わぬところに潜んでおりました。

8泥溝

3台通過後にいきなり牙をむいた道。
ベテランサファリ乗りのTさんが餌食に。どっぷしとはまり込んだ2トンオーバーはシャクってもびくともせず。
自前の電動糸巻き機で脱出です。

9傾斜

傾斜をものともせず進むワイロクイチ型戦車。旧世代のワイロクマルと並んでキャンバーでの安定感は抜群。
自車が傾いても全然平気なんだけど、こうやって他車のを見ると結構怖いのです。
写真はまだ緩いところで、実際はさらに傾きます。

11生還

無事脱出できました。
なかなかおもしろかった林道でした。
個人的にはもっと厳しくても良かったんですが、きれいなロクイチ小隊をひきつれております故にデスイズちょうど良い。
さすがT部長、カラオケのリモコンで殴っても一流ですが(爆)、林道のリサーチも得意なのです(笑)。

ココにはまだ見れてない奥地もあります。
これからの課題も残すあたりが我々の老獪なやり方(笑)。
若者チームにはマネできないユトリを醸し出しておるのですよ。
ま、ホントのところは「日が暮れたら目が良く見えない」って理由ですが(爆)。


これで来年の鯨組も安泰。
よきかなよきかな。

と思ったのですが、大宴会の次の日の朝、なんとワタシは心霊写真を撮ってしまったのです。

心霊写真?

なぜかチョップド加工されてしまった2台。
写真には手心も加工もな~んも加えておりません。
となりのTの軽トラはフツーに写ってるのに、ナニユエなのだ?。
ちなみに写真は我がアイポン7にて撮影。
この後、何を何度やっても同じ現象にはなりません(怖)。

ハイリフトサファリのTさんと塩味号Kさん、とにかく十分に気を付けてください。
ナニか屋根が潰れる事件を示唆しているのかも知れません。
お祓いも考えたほうが良いかも(爆)。


  1. 2017/12/14(木) 05:41:35|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

セド君復活作戦その3

まさにコンジョーと人脈のたまもの(笑)。
セド君が息を吹き返しました。

脳天を開けられ食う側も出す側もがっちょり外されてしまったRB20P様ですが、なんとか無事に組み上がることができました。
もちろんあっちの板の友人のK1600GTクンに寄るところがヒジョーに大きいのですが、もともと彼もLPG整備士とは言えコンフォートなトヨタ車マイスターなので、日産LPGはお初。
二人で試行錯誤したり整備書をひっくり返したり、終わってみるとそれはそれは楽しい時間でした。

お悩み中

取敢えず佳境の作業をご紹介。
まずは折ってしまったバキューム配管の修理です。

13こんな感じでパイプ繋ぎ

バキュームコントロールのキャリアにある三又部分を復旧しました。
ここはデスビから伸びてくる進角用のバキュームが刺さる場所です。
モノタロウで買った銅管とお得意?のハンダとK1600GTクン持参のエポキシ接着剤でガッチガチに。
新品買ったら壱萬九千円也(爆)。治すしかないではないですか(笑)。

14配管図笑
段ボールに配管図(笑)。書いとかなきゃ忘れるお年頃。

17トルク管理

で、ヘッドを乗せてトルクレンチで規定通りに締め上げます。
全部締め上げた後に一度緩める、とか結構メンドクサイ事をしなければなりません。
再び規定トルクで締めていきます。ああ、エンジン組んでるなあ、という実感の瞬間(笑)。

18タイベル復旧
タイベルも戻します。アイマークを何度もよ~っく確認。一度フタしてからも再度開けて確認する念の入れよう(笑)。
もし違っていればバルブがピストン叩いて大惨事。
「ん~、やっぱもう一回見ておこう」は大事なんです(笑)。

20徐々にエンジンに戻りつつあり
両家マニ様を定位置に納めます。エキマニガスケットは新品にしたけど、そういえばインマニガスケットは買い忘れてた(核爆)ので、伝家の宝刀液体ガスケットぼったり塗りで対応。
最近の液ガスは超高性能なのできっと大丈夫、と自分に言い聞かせます。


21元通り?なの?
カオスなEGR配管とコントロールバルブへのホース繋ぎやら、バキュームホースの接続やらを復旧。
記憶を頼りにすると、「なんで足りねえ?」とか「こんなに余るか?」などかな~りアヤシイおとっつあん脳をサポトヨするのはやっぱり一枚の写真。ちゃんと外す前に撮っててヨカッタ(笑)。

で、一応カタチにはなりましたRB20P様です。
ラジエタを外したので殆ど抜けてしまった不凍液をドブドブ入れて、さああとは始動あるのみ。

冷やかしに来ていたT部ちょーの青ジムニーから給電し、恐る恐るキーを捻ると、ちょっと長めのクランキングからバス!バスっと初爆が。1~2気筒に火が入ったようですがまだ油断はなりませんのでスターターは回しっぱなし。
そのうちバスバスがババババッババと変化して遂にグオ~ン!とRBの6人の神様が目覚めました。
やった!一発始動や!(笑)。

22RB復活!
↑同じような写真だけどファンが回ってるでしょ?(笑)


チョークを曳いて暖機と回転キープ。
タペットを叩く音はしますがこれはまだ脳天に血が通ってない為。
ゴブゴブっとラジエタキャップ口からゲップが出るので、すかさず補給。
ああ、廻ってるよあのバラバラだったRBが、、、しかしこの状態では感無量に浸ってる場合ではありません。
きちんと6発に火が入ってる証拠にカムカバーに触れても揺れや振動は皆無なのですが、負荷をかけて走らせてみなきゃEGRコントロールやバキュームがまともに働くのかは解りません。

タペット音も消え銅グリスやら騙し油やらが燃える白煙も消え、アイドリングするRBはまさにシルキー。
ちょこっと試運転、と称して晩秋&夕方のR294へ。
まずはゆっくり踏み込んで変速のチェック。6か月放置でもちゃんとATは仕事しました(笑)。
次はちょっと怖いけどググっと床まで踏んで回転を上げてみると、あの弱弱しかった加速が鳴りを潜め力強くセド君のクソ重いはずのボディを引っ張り上げます。
ウホホホっと笑いが込上げてきますが、これは新品プラグによるものかK1600GTクンのバリ取り面研作業によるものか、なかなかどうして気持ち良い回りのRB20P。これがディフォルトかと思うと随分今まで損をしてきたワケなのですね。

踏んだり流したりしてEGRとバキュームを確認。
EGRコントロールが効いてないと急にアクセルを戻した時にストールする場合があるんですが、そんな兆候も皆無なのでこちらもオッケー。
回転を徐々に上げていくと点火タイミングもちゃんと進角しているようなので、バキュームコントロールもオッケー。
しかしこのパワフルさ(当社比)は完全復旧どころか、まるで別物のエンジンを積み替えたようです。
(感想には個人差があります(笑))

セド君、半年ぶりでようやく公道復帰へ。
ダイハツのお店暮らしも悪くなかったかもだけど(笑)、やっぱり走ってナンボの平成旧車です。
K1600GTクンをはじめいろんな人にアドバイスやお手伝いをして貰いました。
皆様のおかげで復活できました。本当にありがとうございますです。
感謝多謝谢谢GraciasThank youشكراधन्यवादObrigadoСпасибоDanke고맙습니다ขอบคุณ.Salamat.Баярлалаа.(ちゃんと表示されるんかな?)

これであと10年は、、、その前にまた何か壊れるだろうな、旧車だし(爆)。


おまけ

23諸悪の根源

これが諸悪の根源のプラグ。
LPGは油っ気が無いため錆びやすいんです。1年に1回は外して耐熱グリスを薄く塗って戻す気遣いが必要ですね。
ガソリン車でもプラグ交換ができるクルマは診ておいた方が良いでしょう。
中古車を買うときのチェック項目にも強くお勧めします。

もし、サビサビでプラグが回らないなんてことになったら、、、、ああ(笑)。



  1. 2017/11/27(月) 18:02:37|
  2. LPG車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
前のページ 次のページ

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する